2017年12月27日

今年最後の東京倶楽部本郷店ライブ

12月25日はピアニストの藤澤由二さんとDUOライブでした。クリスマス当日!

久しぶりに歌った曲は
★Say It
コルトレーンのアルバム“Ballads”に収められている曲。
カーリン・アリソンやカート・エリングも歌っていました。
〜あなたは僕のものだと囁いてください 何度でも何度でも

★Some Day My Prince Will Come
演奏ではマイルスやエヴァンスが有名なディズニー映画『白雪姫』の挿入歌
〜彼はまだ遠くにいるけれど、いつか私の愛する人を見つけるわ

★Star Eyes
パーカーが何度も録音していましたが、私はライブを始めた頃、アニタ・オデイの歌を聴いて好きになりました。
〜星のように輝く瞳 私が願いをかける星はあなたの目の中にひそんでいる

クリスマスソングも4曲ほど歌わせていただきましたが。
藤澤さんがピアノソロで弾いてくださったChristmas Time Is Here。
『スヌーピーのメリー・クリスマス』の中の曲ですが、マンハッタン・トランファーが“An Acapella Christmas”の中で歌っていたのを思い出しました。
来年は私も歌ってみたいです。

●IMG_0156_original.JPG●MG_0252_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回の東京倶楽部でのライブは来年1月24日(水)。
リリカルなピアノの音色が美しいDUO。
皆様のお越しをお待ちしています。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:47| Comment(0) | ライブのご報告

2017年12月18日

アドリブ練習のためのお勧め教則本は?

U−X−Tフレーズ集を色々集めているのですが、使いやすくてお勧めなのを見つけました。
『CDを繰り返し聴くだけ!12Keyにフル対応出来る究極ジャズアドリブ練習BOOK』

今年の7月にメジャー編が出たのですが、今月出たマイナー編も早速取り寄せてみました。
著者は、アドリブ練習法 のDVDも出しておられるアルトサックス奏者の土岐英史氏です。

2枚組のCDがついていて、フレーズを聴きながらカラオケをバックに12Keyで練習できるこちらの教則本。
楽譜と模範演奏とカラオケが12Keyで揃っていて、簡単なフレースから難しいフレースへと難易度をあげていって練習できるU−X−Tフレーズ集って、ありそうでなかったんじゃないかと思うんです。
楽譜を見なければイヤートレーニングにもなりますし、スキャットをやりたい生徒さんにもお勧めできそう。

メジャー編だけでなく、マイナー編もリズムが全て8ビートだった点が、若干物足りない気もしますが。
まずはフレーズを叩き込めということなのでしょうか。
どんな意図があるのか、うかがってみたいです。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 14:11| Comment(0) | Jazz修業

2017年12月14日

この程CD化されたカーメン・マクレエのアルバムは?

1966年にメインストリーム・レコードから出された“CARMEN McRAE”というLPが先頃CD化されました。

カーメンの黄金期を支えていたピアニスト、ノーマン・シモンズのトリオ〜ベースはヴィクター・スプローレス、ドラムスはスチュ・マーティン〜との共演。
全体的にスロウなテンポで、じっくり聴かせる選曲なのが特徴的でした。

71ehJ343-zL__SL1500_.jpg

ベースとのDUOで始まるJust in Timeは、ノリにくそうなテンポであるにも関わらず抜群のswing感。

スロウテンポのBye Bye Blackbirdのイントロとエンディングでは、ベニー・グッドマン楽団の演奏で有名なGoodbyeのフレーズが使われている粋なアレンジ。

'Round Midnightは、1988年の名盤“Carmen Sings Monk”とは別の歌詞で歌っていたのが新鮮な印象。
60年代に録音されたほかのアルバムでも、本作と同じ歌詞だったので、当時はこちらの歌詞で歌っていたのかな〜なんて思ったり。

時空を超えて語りかけてくれている気分を味わえるカーメンのバラードは、やっぱり絶品です。

(補足)スロウテンポでのBye Bye Blackbird。同じ歌い回しのバージョンを以前に聴いた覚えがあるのに、どのアルバムだったか思い出せなくて、もやもやしてます・・・。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 02:09| Comment(0) | お勧めCD/ミュージシャン

2017年12月12日

お勧めのクリスマス・アルバムは?

この季節、街のあちこちで流れるクリスマスソング。
BGMとして聞き流してしまいがちですが、ジャズ・ボーカル・ファンが楽しめるアルバムをご紹介しますね。

ゴスペルがルーツの6人組男性コーラス・グループTake6は、クリスマス・ソング・アルバムを3枚出しています。
その中でも“We Wish You a Merry Christmas”は、The christmas songやHave your self a merry little christmasといったポピュラーなクリスマスソングが満載のアルバム。

Go tell it on the mountainという曲ではソウルフルな歌声に圧倒されますし、O little town of bethlehemという曲では賛美歌が素敵にアレンジされていました。

416032S4ABL.jpg

ジャズ・コーラスといえばマンハッタン・トランスファーですが、彼らの初の全編アカペラ・アルバムが“An acapella christmas”。
ToylandやChristmas is comingといった曲では、幻想的な雰囲気のコーラスが楽しめます。

どちらのアルバムにも集録されている曲がWinter wonderland。
ソウルフルなTake6のフェイクをマントラと聴き比べてみるのも面白いですよ。

12月25日(月)は私も東京倶楽部本郷店でライブです。
普段はシンプルに歌っていたクリスマス・ソングですが、Take6を聴いて、リズムやテンポを変えて今年は歌ってみようかな〜と思いました。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 02:03| Comment(0) | お勧めCD/ミュージシャン

2017年12月04日

リー・コニッツのお勧めDuoアルバムは?〜今日のジャズ喫茶(18)

早稲田のJazz Nuttyで聴かせていただいた“Suite For Paolo”というアルバム。
アルト・サックス奏者のLee Konitzと、イタリアのピアニスト、ステファノ・ボラーニのDuoでした。
2002年の録音で、全曲が彼らのオリジナルですが、交互にソロをとったり、刺激的なインタープレイが展開されたり。

W504.jpg

スペーシーな演奏が私好みだとお話ししたところ、コニッツの別のDuoアルバムもかけて下さいました。

ニュージーランド出身のピアニスト、アラン・ブロードベントとのDuoによる“More Live-Lee”。
2000年に録音されたこちらのライブアルバムは、I Can't Get Started、How Deep Is The Ocean? などのスタンダード曲が数多く集録されています。

コニッツはDuoアルバムが多く、店主の青木さんもかなりの枚数持っておられるとのこと。
共演者が異なるアルバムを、まだまだ聴かせていただけそうです。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 11:22| Comment(0) | 今日のジャズ喫茶

昭和記念公園のイルミネーション

立川にあるこの公園は、近くの病院に入院していた父を見舞った後に、しばしば立ち寄っていた場所でした。
一人で物思いにふけったり、母と日本庭園を散策したり。

久しぶりに訪れると、銀杏並木の紅葉は終わっていましたが、園内のあちこちで色とりどりの晩秋の風景を楽しむことができました。

DSC_0010.JPG

12月25日まではイルミネーションも。点灯式の2日にはたくさんの人が訪れていました。

DSC_0012.JPG

父も母も亡くなり、月日が経つはやさを感じますが、少しずつだけれど訪れる小さな幸せを、日々大切にしていくことができればと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 00:41| Comment(0) | 日記

2017年12月01日

池袋Hot Pepperのライブ

11月29日(水)は、今回もピアノの佐藤ミドリさん率いる強力なメンバーとの共演。
ベースのうのしょうじさんとドラムの宮一佐知生さんは、どんなスタイルの曲でもいつも安心してお任せでき、頼りになります。

久しぶりに歌った曲は
☆Little Girl Blue
〜アニタやエラなど、多くのシンガーが歌っているロジャーズ&ハートによるバラード。
自分に何が出来るのか、指折り数えるしかない、降りかかる雨粒を数えるしかない可哀そうな女の子は、もう決して若くない・・・その気持ち、私にもわかる気がします。

☆When Sunny Gets Blue
〜悲しみで笑顔が奪われていったサニーという女の子に、新しい恋がはやく来てくれないかな。
この曲もアニタが何度もレコーディングしていました。

☆Everytime We say Goodbye
〜コール・ポーターのラブソング。
私はコルトレーンのコード進行を拝借したアレンジで歌っています。
あなたがそばにいると、これ以上すばらしい愛の歌はないのに。
さよならを言う度に、その歌がメイジャーからマイナーに突然変わるのが不思議。
●IMG_0252_original.JPG
●IMG_0447_original.JPG
撮影:古谷慎治

ここ何年か、毎回のライブで必ず新曲をご披露していたのですが、一度歌っただけでお蔵入りになった曲が結構たまっていました。
これからはそれらを次々引っ張り出して歌っていきたいと思います。

次回のHot Pepperのライブは、2月8日(木)です。
皆様のお越しをお待ちしています!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:05| Comment(0) | ライブのご報告