2018年05月08日

5月のライブ

GW明けの7日は藤澤由二さんと東京倶楽部本郷店。
大雨の中お越し下さったお客様、ありがとうございました!

久しぶりに歌った曲は
★Spring is here:エヴァンスが“Portrait In Jazz”の中で演奏していたバラード。
 〜春が来たのに私の心が躍らないのは、誰も私を愛してくれないから・・・。

★Sometime Ago:こちらもエヴァンスが“You Must Believe In Spring”というタイトルのアルバムで演奏していたジャズワルツ。
 〜若くて自由だったあの頃の二人。冷たい心の少女を装っていた私・・・。

★Poor Butterfly;プッチーニの歌劇「蝶々夫人」が元になって作られた曲でサラ・ヴォーンの十八番。
 〜桜の木の下で愛しい人の帰りを一途に待ち続ける可哀想な蝶々さん・・・。

★Just A Gigolo:これもサラが“At Mister Kelly's”で歌っていました。
〜「たかがジゴロ」彼の若さが衰える日が来てもみんな彼にそう言い続ける・・・。

★Tristeza (Goodbye Sadness):アストラッド・ジルベルトが歌っていた爽やかなボサノバ。
〜あなたがやって来たこの日から悲しみの扉が閉じる。

★O Grande Amor:アルバム“Getz/Gilberto”に集録されていた名曲。私の歌は英語ですが。。。

★If I Could Be With You:ジョー・ウィリアムスやマーク・マーフィーがブルージーに歌っていた曲。
〜今夜あなたと一時間でも一緒にいられたら・・・。

★The Thrill Is Gone:“Chet Baker Sings”の中のけだるいチェットの歌を思い出します。
〜ときめきがなくなってしまったことはあなたを見ていてわかるから・・・。

リクエストいただいたのは「Night and Dayをゆったりと」でした♪ 

●●IMG_0148_original.JPG●IMG_0387_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回の東京倶楽部のライブは6月18日(月)19:20から3回ステージです。
リクエストもお待ちしています!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:39| Comment(0) | ライブのご報告