2014年12月14日

こんな喫茶店

地元のお店を紹介するフリーペーパーに掲載されていたので以前から知っていたのですが、
買い物帰りにお店の看板を見つけてはじめて立ち寄ったのが Necco cafe (ネッコカフェ)。
発達障害や精神障害の当事者の方々が地域に開かれた場所として運営しているブックカフェです。

ここは自家焙煎のコーヒーがむちゃくちゃおいしくて驚きました。
コロンビアとモカをそれぞれいただいたのですが、家でも飲めるように思わず豆を買ってしまいました。

中では皆さんのおしゃべりの輪が広がっていて。
私もおしゃべりさせていただいたのですが、始めてうかがったのにとてものんびりできる。
居心地がいい空間かどうかって、ハンディキャップのあるなしとは関係がないような気がします。

ビルの家賃もかかるでしょうし、運営が大変だと思いますが
こういう場所がいつまでも続いていて欲しいと思いました。
posted by ありあ at 17:05| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: