2016年08月30日

暑い夏には'Too Darn Hot’〜ジャズヴォーカルお勧めレパートリー(3)

ライブで歌う曲を選ぶとき、その日の天候や季節に応じて選曲を考えたりしますが、私が今年の夏に歌っていたのは‘Too Darn Hot’。
コール・ポーター作のミュージカルの中の曲ですが、エラ・フィッツジェラルドの名盤“Ella in Berlin”(1960)に入っているので、聴いたことがある方もいらっしゃると思います。

歌詞はこちら。
今夜は暑すぎて彼女を誘ってロマンスするどころじゃないよ〜〜という内容です。
http://www.metrolyrics.com/too-darn-hot-lyrics-ella-fitzgerald.html

持っていた楽譜にはサビの前までしか掲載されていなかったので "Ella Fitzgerald Sings the Cole Porter Songbook"(1956)から、メロディーとコード進行を聞き取って譜面にしました。
ソングブックシリーズでのエラは、過度にフェイクせずに原曲どおりに歌っていることが多いので、こんな時の参考になります。

メルトーメはこの曲を凝ったアレンジにしています。テンポも早めでかっこいい。
アルバム“Swings Shubert Alley”(1960)で聴くことができますよ♪

41VPHDFC5ZL.jpg

色々なアルバムを聴き比べていて気づくのですが、コールポーター・ソングブックのエラの歌は、‘it's too darn hot' といったシンプルな歌詞/メロディーのところでも、swingのリズムにしっかりとのっています。
フェイクやスキャットの技をきかせること=swingすること ではないということにあらためて気づかされます。

さて今年の夏、いつまでこの蒸し暑さが続くのでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: