2016年09月09日

個性的な北欧の歌姫:カーリン・クロッグ〜‘Jazz’Vocal 名盤・名唱(2)

ノルウエー出身のKarin Krog (1937 - )は、あらゆるスタイルの演奏に挑戦して個性を発揮するタイプのヴォーカリストです。
器楽的なアプローチによる前衛的な作品もあれば、ヴォーカリーズもある。
自由奔放なチャレンジ精神が刺激的です。

声が少しハスキーでcuteなところが私は大好き。
bopミュージシャンのデクスター・ゴードンやケニー・ドリュー、フリー・ジャズのアーチー・シェップといったタイプの違うミュージシャンとの共演や、スティーヴ・キューンとの一連の共演など、超大物ミュージシャンのプレイと一体となった演奏が楽しめるアルバムが多いのも魅力です。

その中から今回はスタンダードを集めたアルバムをお勧めとして選んでみました。
はじめに、彼女の2枚目のリーダー作“Jazz Moments”(1966)。
メンバーはKenny Drew(p)、Niels-Henning Ørsted Pedersen(b)、Jon Christensen(ds)、Jan Garbarek(ts)です。

1曲目は軽快にswingする‘I've Got Your Number’。
トニー・ベネットやペギー・リーも歌っていますが、カーリンのこのテイクのテンポが曲にとてもよくあっていて、一度聴くとしばらく耳に残って忘れられなくなるような歌い方です。

2曲目はバラードで‘Old Folks' 。
ロング・トーンを駆使してサビの部分を盛り上げていますが、声がcuteなので、重苦しくない。
さらりと語るように歌っていたかと思えばロングトーンで盛り上げていくダイナミクスが素晴らしいです。

61x5ZBfqRQL__SL1200_.jpg

次のお勧めは“I Remember You”(1980)。
ミュージシャンはWarne Marsh(ts)と Red Mitchell(b)です。
彼女は、楽器の音が人間の声に似ているからという理由でテナー奏者とよく共演しています。
先に紹介したアルバムのペデルセンもそうでしたが、技巧派のベーシストとの共演が多い気がします。

このアルバムで興味深かった曲は‘Lester's Happy’。
Lester Youngの名演で知られている‘Sometimes I'm Happy’をヴォーカリーズにした曲で、ヴォーカリーズの開祖と言われているKing Pleasure (1922 –1981)が歌っていました。

何年か前にスティーヴ・キューン・トリオと来日した彼女のライブを聴きにいったことがありました。
またそのような機会があったら嬉しいのですが、叶うでしょうか。。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ありあ at 02:34| Comment(0) | ‘Jazz’Vocal 名盤・名唱
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: