2016年09月12日

ブランフォード・マーサリス&カート・エリングの新譜

MichikaちゃんがリリースしたCDがJazzweekのチャートで何位に入っているかチェックするようになってから、チャートにランクインしているほかのCDも気になってきました。

このところ聴いていたのは、先週まで2位だったBranford Marsalis & Kurt Ellingの“The Upward Spiral”
ブランフォードのカルテットに、私の大好きなカート・エリングが全曲フィーチャーされています。
メンバーは、Branford Marsalis(ts,ss)、Joey Calderazzo(pf)、Eric Revis(b)、Justin Faulkner (ds)、Kurt Elling (Voice)。
51iJWlwVu1L.jpg

今月号の『Jazz Life』には、「ジャズ・バンドとシンガーという関係性ではなく、ひとつの楽器としてのヴォーカルをカートに担ってもらった」とブランフォードが述べているインタビューが掲載されていました。

カートが詩を書いて語り、ミュージシャンがインプロバイズする曲があったり、スティングの曲やビリー・ホリデイの持ち歌が取り上げられていたりと、バラエティに富んだ選曲の中で、カートは曲調にあった情感を、時にロマンチックに時に力強く「七色の声」で表現しています。

私のお気に入りは、ガーシュインの“Porgy & Bess"の曲で‘There's a Boat Dat's Leavin' Soon for New York (ニューヨーク行きの船が出る)’。
アップテンポにswingしていてゴキゲンです。ブランフォードのソプラノ・サックスの音色も美しい。

このメンバーでの来日公演、実現するといいのですが。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ありあ at 01:07| Comment(0) | お勧めCD/ミュージシャン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: