2016年10月22日

今月のジャズ聴き比べ:様々な視点から

毎月第3火曜日に新宿の朝日カルチャーセンターで開講されている寺島靖国氏の「ジャズ聴き比べの楽しみ」

今月の聴き比べその1は「他ジャンルに由来する曲」
色々なジャンルの曲がジャズミュージシャンに取り上げられてスタンダードナンバーになっていくわけですが。。。

はじめの曲は‘The Lamp Is Low’。
30年代のポピュラーソングで、多くのミュージシャンやシンガーが取り上げている曲です。
今回聴いたのは、女性ヴォーカリスト、ケイト・リード(Kate Reid)による2011年の“Love I'm in”というアルバムから。
ミュージシャンは、Otmaro Ruiz(pf)、Ernie Watts(ts)、Steve Reid(tp)、Chris Conner(b)、Steve Barnes(ds)。
テンポが様々に変わるアレンジで、ドラムソロやベースソロも聴き応ごたえがありました。
調べたところ、この方は元々カントリー・シンガーだったとか?!

71jQ1z7zCYL__SL1500_.jpg

次の曲は、サラ・ヴォーンが79年にリオで録音したブラジル音楽を集めたアルバム“Copacabana”から、ソウルフルに歌うタイトル曲を。

そしてダイアナ・クラールのポップス・カヴァーアルバム“Wall Flower”(2015)から、ママス&パパスの名曲‘California Dreamin'’
原曲のメロディーを崩さずに、かつしっとりとした雰囲気で歌っていました。

お次は、大スタンダードナンバー‘These Foolish Things’の聴き比べ。
〜口紅のあとがついた煙草とかロマンチックな場所への航空券とか・・・
 こんなつまらないものがあなたを思い出させるの。。といった歌詞がついています。
私の手元にあるCDでも、レスター・ヤング、レニー・トリスターノ、チェット・ベイカー、スタン・ゲッツetc. が演奏していて、ビリー・ホリデイ、サラ、エラ、カーメンも歌っています。

今回聴いたのは、ジョニー・グリフィン(ts)が1956年に録音した名盤“Introducing Johnny Griffin”から。
この時彼は27才。女々しい歌詞の曲なのに、ソロが男らしくてダイナミックなのが面白い。
ミュージシャンはウィントン・ケリー(pf)、カーリー・ラッセル(b)、マックス・ローチ(ds)。

次いでジャッキー・マクリーン(as,ts)が1957年に録音したアルバム“Long Drink of the Blues”から。
ミュージシャンはマル・ウォルドロン(p)、アーサー・フィップス(b)、アーサー・テイラー(ds)。

そしてスウェーデンの女性ヴォーカリスト、イザベラ・ラングレン(Isabella Lundgren)が、同じくスウェーデンのSweet Jazz Trioのアルバム ”WHY TRY TO CHANGE ME NOW ”(2013)で歌っているバージョン。
高い音域の声が澄んでいるのが印象的でした。

最後の聴き比べは「リー・コニッツの最初と最後」
1949-1950年に録音された名盤“Subconscious-Lee”からタイトル曲を。
そしてLee Konitz&Walter Lang Trioのアルバム“Someone to watch over me”(2011)から「枯葉」。
ウオーター・ラングはドイツ人のピアニストです。

聴き比べって色々な視点からできるんですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ありあ at 04:48| Comment(0) | ジャズ聴き比べ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: