2016年11月09日

シャーリー・ホーンの新譜 

Shirley Hornの未発表音源が今年になってCD化され、JAZZ WEEK CHARTにしばらく前からランクインされていました。
1988年のラス・ヴェガスでのライヴの模様を収めた“ Live at the 4 Queens”です。
メンバーはShirley Horn (vo,p)、Charles Ables (b)、Steve Williams (ds)。

シャーリー・ホーンと言えば、超スロー・テンポで歌いながら、歌のフレーズの合間に自らピアノをちょろっとバッキングする、という印象が強かったのですが。。。

このアルバムには、歌が入っていないピアノ・トリオでの演奏も3曲入っていて、あらためて聞いてみると、思いのほかピアノのタッチが強くて、思いきりがいい演奏という感じ。

ライブ盤とスタジオ録音では、演奏スタイルが違うのでしょうか?
彼女のアルバムもいくつかこれまでにコレクションしているので、機会をみて年代順にじっくりと聴いてみたいと思いました。
お勧めがありましたら、またこのブログでご紹介しますね。

71jsR8BeGtL__SL1200_.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ありあ at 11:08| Comment(0) | お勧めCD/ミュージシャン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: