2016年11月28日

ヴォーカルの発表会で刺激

11月27日(日)夜、お誘いをいただいてBlues Alley目黒にうかがいました。
大野えりさんのYAMAHAのVocal Class の発表会です。

生徒さんが3曲ずつ(新しくクラスに入られた方は1曲)順に歌っておられましたが、気づいたことがいつかありました。

はじめに、演奏前のカウントを全て生徒さんが出していたこと。
えりさんがピアノの横に座っていらして、テンポが早かったり遅かったりした時には、やり直しをお願いしていたりも。。。。
先生がバンドに全て指示を出している発表会もありますが、カウントをどのように出すかを含めて、しっかり実践で身につけてもらっている様子が伝わってきました。

多くの生徒さんが、ファルセットのような力の入っていない澄んだ声で発声しておられるのにも気づきました。
発声の仕方についての日頃のご指導の成果なのではないかと思いました。

生徒さんの選曲がバラエティに富んでいるのも新鮮でした。
ほとんど知られていない曲を選んだり、テンポも自由だったり。
自分の好きな曲を好きなように、楽しみながら歌っておられる様子が伝わってきました。
先生ご自身が寛容でなければこうはいきません。

生徒さんの発表会は、歌が好きだと純粋に取り組んでいた初心を思い出させてくれる機会だとMCで話しておられたえりさん。
ご自身でも、Feeling GoodとThe First Time Ever I Saw Your Faceの2曲を披露して下さいました。
特に最後の曲は、感情のこもったダイナミクスが印象的で、勉強になりました。

歌伴は、石田衛さん(p)、佐藤“ハチ”恭彦さん(b)、井上功一さん(ds)といった豪華なメンバーでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ありあ at 14:18| Comment(0) | Jazz修業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: