2017年06月08日

学生街の硬派な店:JAZZ NUTTY〜今日のジャズ喫茶(5)

都電早稲田駅から1分のこの店は、入り口に「会話をご遠慮いただいています」の張り紙が。
おしゃべり厳禁のジャズ喫茶、昔はよくあったと思うのですが。
ここも真剣にジャズを聴きたい方にお勧めの店です。

今日かかっていたのは、1969年のBill Evans with Jeremy Steig のWhat's New。
炸裂するジェレミーのフルートの演奏に度肝を抜かれます。
野性味のある演奏スタイルは自動車事故で半身が麻痺したために生まれたものだそう。
ライブも聴いてみたかったですが、去年亡くなられていて残念です。

417ADDADDKL.jpg

次いでカーメン・マクレエの1965年のサンフランシスコでのライブ盤 In Person。
店内が狭いからでしょうか、体中が音に包みこまれるような感じ。
生のライブを聴いているように錯覚してしまいます。

店のブログを見ると今月のテーマは"Time"がついた曲。
6月10日の「時の記念日」にちなんで、お気に入りのものをお持ちください、リクエストもお待ちしています、とのことでした。
そういえばカーメンのアルバムでもI didn't know what time it was がかかっていましたっけ。

私もSome other timeをリクエストしようと思っていたのですが、エヴァンスが続くので止めました。
誰が何をリクエストしていたかとか、好みが何だったとか、記録をとっておられるらしく、私も開店当時にうかがった時にエヴァンスをリクエストしたからか、うかがう度によくエヴァンスをかけて下さいます(笑)

6月にTimeの歌シリーズ。
私のライブでもいつかこのアイデア、いただいちゃいたいと思います。
あわせてお店の宣伝もしておきますので、いいですよね!?

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 23:13| Comment(0) | 今日のジャズ喫茶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: