2017年07月03日

女性vocalistのお勧めアルバムは?〜今日のジャズ喫茶(8)

高田馬場マイルストーンにジャズヴォーカル仲間の藍ヒロコちゃんをお誘いしました。

お勧めのvocalアルバムを何かかけてくださいとお願いしたところ、私が大好きなキャロル・スローンの
“A Night of Ballad”がかかりました。ドン・アブニーとの84年のライブ録音です。
力を抜いた自然体。勉強になります。
全てアカペラのMy idealが心に染みました。

そのほかに良かったアルバムは、1990年にわずか32 歳で亡くなった女性ギタリスト、エミリー・レムラー(Emily Remler)の“East to Wes”。
1988年の作品で、ハンク・ジョーンズ(p)、バスター・ウィリアムス(b)、マーヴィン・スミッティ・スミス(ds)との共演です。
ウェス・モンゴメリーの影響を受けたという彼女のソロがしなやかで美しい。
ほかのアルバムも聴いてみたくなりました。

710HtwTtENL__SL1050_.jpg

Karen Gallingerというvocalistを聴いたのははじめてでした。
2000年のアルバム“Remembering Bill Evans”は、エヴァンスの没後20年の節目に出されており、エヴァンスのオリジナル曲に彼女が歌詞をつけています。
レパートリーに加えてみたいな〜と思っていたら、彼女のサイトに歌詞が掲載されているのを発見しました!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 00:43| Comment(0) | 今日のジャズ喫茶
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: