2017年07月26日

アニタ・オデイ未発表音源のアルバムは?

今月発売された“Anita O'day Live In Tokyo 1964 + 5”。
アニタの初来日時に有楽町のホールでライブ収録された未発表音源が、世界で初めてリリースされたアルバムです。
時期的には、Verve最後の名盤“Anita O'Day and the Three Sounds”が出たあとにあたるでしょうか。
絶頂期のスリリングな演奏が楽しめます。
Bob Corwin(pf)以外のメンバーは、猪俣猛(ds)ら日本人のプレイヤー。

この日のアニタの歌は、フレーズの先取りや解決を遅らせたりして、拍の感覚を伸ばしたり縮めたりする自由な表現が目立ちました。
それまでのアルバムに集録されていた、アニタの「名唱」でお馴染みの曲が選曲されていましたが、アルバムの歌とは全く違ったフレージングで、ジャズ・ヴォーカリストとしての本領を発揮しています。

I cried for youでは4バースで次々とソロを回しているのですが、アニタがミュージシャンを翻弄している様子?!が目に浮かぶような、白熱した演奏でした。

アルバムの後半には、米国のTVで放映された番組にアニタが出演した時の演奏が5曲入っています。
My funny Valentineでの美しい高音が印象的でした。

このアルバムで、アニタの歌に対する新たな発見ができたよう気がします。
未発表音源があったらまたリリースして欲しいです。

510LEHAvLeL.jpg

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 01:52| Comment(0) | お勧めCD/ミュージシャン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: