2017年08月09日

ジョン・ピザレリによるシナトラ&ジョビンのトリビュートアルバムは?

軽やかなヴォーカルを聴かせてくれるのがギタリストの John Pizzarelliです。
フランク・シナトラとアントニオ・カルロス・ジョビンが組んだ名盤“Francis Albert Sinatra & Antonio Carlos Jobim”の発売から今年で50年。
ということでこのほどリリースされたトリビュートアルバムが“Sinatra and Jobim @ 50”。

ジョンはボサノヴァ作品集“Bossa Nova”を2004年に、シナトラ・トリビュート・アルバム“Dear Mr. Sinatra”を2006年に出していましたが。
今回のアルバムでは“Bossa Nova”に参加していたジョビンの孫のダニエル・ジョビンとのDuetが聴きどころになっています。
ジョンのけだるい声がダニエルの声とよく似ていて、2人がからむサウンドが美しい。

何曲かがメドレーになっているのですが、曲の組み合わせや流れがとても自然。
ジョンお馴染みのギターとのユニゾンによるスキャットなど、聴きどころ満載です。

個人的に気に入った曲は、ジョンのオリジナルCanto Casual。
トリビュート・アルバムでありながら、ジョン・ピザレリの個性に溢れたアルバムでした。

71PpTr2T6hL__SL1200_.jpg

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 00:33| Comment(0) | お勧めCD/ミュージシャン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: