2017年09月04日

三槻直子さんのライブへ

8月31日に池袋のP's Barに行って参りました。
ミュージシャンは外谷東さん(pf)、山本裕之さん(b)。
三槻さんにはずっとお世話になっていたのですが、しばらくご挨拶もできなくて。
ライブにうかがったのも何年ぶりになるでしょうか?

お店はお客様ですし詰め状態。
ジャズ・ヴォーカルをやっておられる女性の方が多く、遠路はるばるいらしていた方も少なくなかったようです。

リリースされているアルバムの中の曲もたくさん聴かせていただきましたが、そのほかの曲では
・ベースとのDuoで始まったNo moon at all
・生徒さんも取り組んで練習しておられるというTwo For The Road
・抜群にswingしていたToo Close For Comfortや I Didn't Know What Time It Was
・“Tum tum tum・・”というフレーズが耳から離れないポルトガル語のBatida Diferente 
・Verseが美しかったアンコールの曲、The Nearness of You

色々聴かせていただいて、とても勉強になりました。
どのような感情にのせて声を張り、あるいはファルセットで声をコントロールするのか、などなど。

スキャットや4バースをしておられたところもありましたが、それらに頼って“Jazz”を表現するのではなくて。。。。。。
どういったパフォーマンスなら、ヴォーカリストが“Jazz”を表現できるのか。
あらためて考えさせられました。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 00:10| Comment(0) | ライブ聞きに行きました
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: