2017年09月22日

ダイアン・リーブスの新譜は?

現役女性ジャズヴォーカリストの最高峰Dianne Reeves。
このほど発売された“Light Up The Night”は、2016年に開かれた南フランス“ジャズ・イン・マルシアック”でのライブの模様を収録しています。

ミュージシャンは、ピーター・マーティン (p)、ホメロ・ルバンボ (g)、レジナルド・ヴィール (b)、テレオン・ガリー (ds) という今年5月に来日した時のメンバーに加えて、ハーモニカのグレゴア・マレ。

来日公演のときもそうだったのですが、観客とのコール&レスポンスで会場を盛り上げている曲が何曲かあって。
歌の完成度にとどまらず、彼女のライブはエンターテイナーとしての魅力にもあふれています。

来日公演でも歌っていたパット・メセニーのMinuano(Six Eight)やAll Bluesといった曲も収録されていて、ステージングのスケールの大きさに心が震えた5月のライブを懐かしく思い出しました。

61QsW21ZsTL__SY355_.jpg

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 02:48| Comment(0) | お勧めCD/ミュージシャン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: