2017年11月23日

ブログでお勧めしたいヴォーカル・アルバムは?

ここでご紹介しているアルバム以外にも、色々聴いてはいるのですが・・・・。

ヴォーカルものの新譜はこまめにチェックして、良さそうなのをとりあえず聴いてはみるものの。
こんなところがスバラシイから是非聴いてみて!と思える作品でなければ、ご紹介する気になれないですし。
良かったと思える曲があっても、それがアルバムの中のごく一部だったり。

新譜ではないけれど、たまたま聴いて良かったアルバムも、今さらご紹介するのもなあ〜と思いながら、書かずじまいになってしまったり。

私の場合、Jazzミュージシャンとしての実力を備えた歌い手が好みですが、共演するミュージシャンが聴きごたえのある演奏をしていることも大事な要素です。

最近聴いた中で良かったのは 〜新譜というわけではありませんが〜 デニース・ドナテッリ(Denise Donatelli)が2015年にリリースした“Find a heart”の中のBig noise, New Yorkというドナルド・フェイゲンの曲。
ボブ・シェパードの力強いサックスとヴォーカリストを含むバンドの演奏が一体となっていて、何度も繰り返し聴きたくなる演奏でした。

51u8QajUUoL__SY355_.jpg

逆にそれらとは別な次元で、いいヴォーカル・アルバムだなと感じるものもまれにあるわけで。

カーリン・アリソンのハスキーな声は、聴いていて安らぎます。
こちらも新譜ではないですが、2015年の“Many a new day”というアルバムは、ケニー・バロンのピアノとジョン・パティトゥッチのベースが加わっているロジャーズ&ハマースタイン曲集。
集録されているThe surry with the fringe on topは、何度も転調するアレンジがスリリング。
彼女自身のピアノの弾き語りによるエーデルワイスも、素朴な味わいがありました。

持って生まれた声の魅力で人を惹きつけることができるヴォーカリスト。
羨ましいです。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 01:17| Comment(0) | ライブのご案内
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: