2017年12月18日

アドリブ練習のためのお勧め教則本は?

U−X−Tフレーズ集を色々集めているのですが、使いやすくてお勧めなのを見つけました。
『CDを繰り返し聴くだけ!12Keyにフル対応出来る究極ジャズアドリブ練習BOOK』

今年の7月にメジャー編が出たのですが、今月出たマイナー編も早速取り寄せてみました。
著者は、アドリブ練習法 のDVDも出しておられるアルトサックス奏者の土岐英史氏です。

2枚組のCDがついていて、フレーズを聴きながらカラオケをバックに12Keyで練習できるこちらの教則本。
楽譜と模範演奏とカラオケが12Keyで揃っていて、簡単なフレースから難しいフレースへと難易度をあげていって練習できるU−X−Tフレーズ集って、ありそうでなかったんじゃないかと思うんです。
楽譜を見なければイヤートレーニングにもなりますし、スキャットをやりたい生徒さんにもお勧めできそう。

メジャー編だけでなく、マイナー編もリズムが全て8ビートだった点が、若干物足りない気もしますが。
まずはフレーズを叩き込めということなのでしょうか。
どんな意図があるのか、うかがってみたいです。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 14:11| Comment(0) | Jazz修業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: