2018年06月19日

梅雨真っ盛りの中のライブ

6月18日(月)は藤澤由二さん(pf)と東京倶楽部本郷店でライブでした。
雨模様の中、お越し下さった皆様ありがとうございました。

久しぶりに歌いました曲は以下のとおり。
どの曲をどんなテンポで、どの順序で歌うのか、本番前にいつも悩みます。

★Oh, Lady be good!
メル・トーメがアップテンポでscatしていたガーシュウィンの曲。
〜素敵なお嬢さん、この大きな街でひとりぼっちの僕にやさしくして!

★Out of nowhere
演奏ではパーカーが思い浮かびますが、元は歌ものでビング・クロスビーが歌っていました。
〜どこからともなく君がやってきて、どこへともなく消えてしまうなら、僕は待ち続けるよ

★It's you or no one
インストの演奏が多い印象ですが、カーリン・クロッグやシーラ・ジョーダンが歌っているのを聴いて私も持ち歌に。
〜私にはあなただけでほかに誰もいない。あなたがいない人生なんて空っぽの世界

★Just you Just me
サラ、エラ、カーメンも歌っていたスタンダード。ナット・キング・コールの歌も心地いい。
〜あなたと私ふたりきり。あなたのことで私の頭は悩みっぱなし!

★Long ago and far away
ジェローム・カーンの曲。バラードでも歌われていますが、私のイメージはチェット・ベイカーの軽やかなswing。
〜ずっと昔はるか遠くで、夢に描いた人が今私のそばにいる・・

★I'm old fashioned
これもジェローム・カーンの曲。コルトレーンのアルバム“Blue Train”に集録されていましたが、チェットの歌唱も美しい。
〜月明かり、雨の音、星の唄。昔から変わらないものを愛する私。あなたの愛も変わらぬままでいてくれたら。

●IMG_0130_original.JPG●IMG_0253_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回の東京倶楽部は7月9日(月)。皆様のお越しをお待ちしています。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 18:44| Comment(0) | ライブのご案内
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: