2019年05月05日

恒例になりましたピアノトリオとの共演

5月2日(木)は池袋Hot Pepper。
佐藤ミドリさんがリーダーをつとめるピアノトリオとのライブです。
メンバーはうのしょうじさん(b)、宮一佐知生さん(ds)。
GWまっただ中でしたが、年号も改まり、心が引き締まる思いでおおくりしました。

この日の新曲は2曲。
Let's call the whole thing offはフレッド・アステアが映画の中で歌っていたガーシュウィンの曲。
恋人どおしで好きなものが違うので言い争っているような歌詞がついているのですが。

同じ単語をアメリカ英語の発音とイギリス英語の発音で歌い分けなければいけなくて。。。
イギリス英語ってほんとにこんな発音しているの??っていう単語がたくさん出てきて。。。
中でもpajamasとpajahmasは発音の違いを明瞭に出すのが難しくて。。。

〜あなたがパジャマが好きなら、私もパジャマを着て、私の好きなパジャーマの方はあきらめるわ。だって私たちはお互いを必要としているんだから。
・・・ってもうナニコレ?!って感じの歌詞です(苦笑)

もう1曲はCherokee
チェロキー族というのはアメリカの先住民族だそうです。
パーカーが取り上げて有名になったビバップの代表曲なので、アップテンポで演奏できるように、ドラムと勢いよく演奏できる機会をねらって選曲してみました。

●246_large.jpg●924_large.jpg
撮影:古谷慎治

次回のHot Pepperのライブは7月3日(水)
早いものでもう夏ですね。
皆様のお越しをお待ちしています

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 05:24| Comment(0) | ライブのご報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: