2019年05月22日

5月のライブと新曲

5月20日は東京倶楽部本郷店でピアニストの藤澤由二さんとDUO。
この日の新曲はbluesが2曲でした。

West Coast Bluesは、ウエス・モンゴメリーが1960年にリリースした“The Incredible Jazz Guitar”に収録されて以来、ウエスが何度も録音していた曲。
明るいジャズ・ワルツで、ボーカリストではナンシー・ウイルソンやケヴィン・マホガニーの歌が素晴らしいです。

〜イースト・コーストで彼に会い、ウエスト・コーストでギグに出会った。
スーツケースは悲しみでいっぱいだけど、旅の費用を払うのもうんざりだから、もう荷造
りして家に帰るわ
こういうニュアンスの歌詞、ブルースによくありますよね〜

Blue Monkにはアビー・リンカーンの歌詞がついています。
〜一人で行こう。人生はあなたのもの。でも時々コストは高くつく。
成し遂げられることもあれば挫折もある。
来る年も来る年もやり続けてやっと何かがなし遂げられる。
そしてモンクはブルーズを来る年も来る年も歌い続ける。
試してはしくじり、失っては得る。そうして何かが生まれる。

●56_large.jpg●497_large.jpg
撮影:古谷慎治

歌っていて思いだすのが、彼の『セロニアス・ヒムセルフ』というアルバムに収録されている「ラウンド・ミッドナイト・イン・プログレス」というボーナス・トラック。
このアルバムに収録されている「ラウンド・ミッドナイト」のテイクにOKが出るまで、一音一音吟味しながら何度もソロ・ピアノを弾き直しているプロセスが20分以上も記録されています。

納得のいく独自のサウンドをこのようにして地道に作りあげていったんだと思うと、私も謙虚に努力しなければと気持ちが引き締まります。

次回の東京倶楽部本郷店でのライブが6月17日(月)19:20から3回ステージです。
皆様のお越しをお待ちしています。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 16:54| Comment(0) | ライブのご報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: