2019年08月30日

巨星が落ちたような

詩人の長谷川龍生氏が8月20日に亡くなられたのを知り、呆然としてしまいました。
91歳のご生涯。

しばらくお目にかかっていませんでしたが、15年以上前に、旧日本文学学校(現在の文藝学校)で先生が開講しておられた詩の講座に通っていました。
自分としては思い切って書いたつもりの作品でも、まだ足りない とのコメントをよくいただいていて。。。。

いつでも教えを請うことができると思っていたら大間違い。
自分に与えられた豊かな時って、限りがあるんですよね。
先生からもっと色々な世界を見せていただきたかったです。

安らかに お休み下さい。
posted by ありあ at 01:42| Comment(0) | 現代詩
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: