2014年05月24日

ポルトガル語で苦戦・・

4月になるとNHKの語学講座のテキストが急に売れ出すそうですが、
私も買いました 「ポルトガル語入門」

15年くらい前に、ボサノバの曲の発音の仕方だけ個人レッスンを受けに行って、身につかずに中断。
(意味がわからず発音の仕方だけあせって覚えても身につかなくて当然)
7年くらい前に買ったNHKのテキストは、ろくに開かないまま本棚の隅へ。
なので今回は3度目の正直。 
週1回15分だけの放送なのですが、早くも森に迷った子羊ちゃん状態。

例えば、フランス語とかやっていた人ならなんてことない女性名詞・男性名詞。
私は学生の頃「漢字だからきっと簡単」という安易な理由で、第二外国語は中国語を選択。
でも同じジャズ研のボーカルの同級生は、単位にならないのに語学センターでポルトガル語とってたっけ。
SMちゃん。当時から歌がむちゃくちゃうまかったけど、今どうしてるのかなあ。

ボサノバをポルトガル語で歌うのと英語で歌うのとではノリが全然違う。
だからポルトガル語で歌わなくちゃ曲の良さが表現できない、と思うのですが、
言葉の壁で歌詞に感情移入できない。
英語の歌詞なら500曲以上レパートリーがあるのに、ポルトガル語の歌詞は持ち歌わずか3曲。。。

やらないといけないことがありすぎて時間がいくらあっても足りないよ〜〜ん
ここはわりきりが肝心ですかね。小さなことからコツコツと。


posted by ありあ at 18:34| Comment(0) | Jazz修業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: