2018年07月10日

夏本番に向けてのライブ

暑い毎日が続きますね。

7月9日(月)は東京倶楽部本郷店でピアノの藤澤由二さんとDUOでした。
この日歌った夏にちなんだ曲は・・・

★Summer Night
1963年の“Quiet Nights”というアルバムで、マイルスがミュートが効いたバラードで演奏していました。
私はジャズ・ワルツで。
〜彼の部屋の窓から忍んでいける夏の夜がうらやましい・・

★The things we did last Summer
サミー・カーンの歌詞が夏の日に過ごしたノスタルジックな出来事を想い出させてくれます。
シナトラの歌でヒットしたそうですが、私はビヴァリー・ケニーのcuteな歌声が好き。

久しぶりに歌った曲は・・・
★When your lover has gone
こちらもシナトラがバラードで歌っていましたが、ビリー・ホリデイやサラ、エラ、カーメンの名唱も残っています。
私はミディアムswingで、恋人が去るときに陥るやるせない気持ちを歌いました。

●IMG_0047_original.JPG●IMG_0344_original.JPG
撮影 古谷慎治

次回の東京倶楽部本郷店のライブは9月3日(月)。
皆様のお越しをお待ちしています。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 13:54| Comment(0) | ライブのご報告

2018年06月07日

梅雨入りの日にライブ

6月6日(水)は池袋Hot Pepperでライブでした。
この日も佐藤ミドリさん(pf)、うのしょうじさん(b)、宮一佐知生さん(ds)とご一緒です。

関東もこの日から梅雨入り。
雨にちなんだ曲を2曲、Come Rain or Come Shine とHere's that Rainy Dayを歌いました。

久しぶりにご披露した曲はビートルズのCan't Buy Me Love。
エラが1964年のライブ・アルバム“Ella At Juan-Les Pins”で歌っていたのを聞き、私もファンキーなアレンジで持ち歌にしています。

ピアノトリオの演奏でこの曲いいな!と思ったのがBittersweet Samba。
オールナイトニッポンのテーマでお馴染みの曲です。
英語の歌詞、あるのでしょうか?

エラのように、ポピュラー・ソングを自分なりにアレンジして持ち歌を増やせたらいいな。
ジャズにあう曲、いろいろ発掘したいです。

●MG_0559_original.JPG●IMG_0538_original.JPG

撮影は今回も古谷慎治さん
いつも撮影してくださるので、歌っているときの表情やステージングを演奏後に確認でき、勉強になります。

次回のHot Pepperのライブは8月2日(木)20時から3回ステージ。
皆様のお越しをお待ちしています!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 16:01| Comment(0) | ライブのご報告

2018年05月08日

5月のライブ

GW明けの7日は藤澤由二さんと東京倶楽部本郷店。
大雨の中お越し下さったお客様、ありがとうございました!

久しぶりに歌った曲は
★Spring is here:エヴァンスが“Portrait In Jazz”の中で演奏していたバラード。
 〜春が来たのに私の心が躍らないのは、誰も私を愛してくれないから・・・。

★Sometime Ago:こちらもエヴァンスが“You Must Believe In Spring”というタイトルのアルバムで演奏していたジャズワルツ。
 〜若くて自由だったあの頃の二人。冷たい心の少女を装っていた私・・・。

★Poor Butterfly;プッチーニの歌劇「蝶々夫人」が元になって作られた曲でサラ・ヴォーンの十八番。
 〜桜の木の下で愛しい人の帰りを一途に待ち続ける可哀想な蝶々さん・・・。

★Just A Gigolo:これもサラが“At Mister Kelly's”で歌っていました。
〜「たかがジゴロ」彼の若さが衰える日が来てもみんな彼にそう言い続ける・・・。

★Tristeza (Goodbye Sadness):アストラッド・ジルベルトが歌っていた爽やかなボサノバ。
〜あなたがやって来たこの日から悲しみの扉が閉じる。

★O Grande Amor:アルバム“Getz/Gilberto”に集録されていた名曲。私の歌は英語ですが。。。

★If I Could Be With You:ジョー・ウィリアムスやマーク・マーフィーがブルージーに歌っていた曲。
〜今夜あなたと一時間でも一緒にいられたら・・・。

★The Thrill Is Gone:“Chet Baker Sings”の中のけだるいチェットの歌を思い出します。
〜ときめきがなくなってしまったことはあなたを見ていてわかるから・・・。

リクエストいただいたのは「Night and Dayをゆったりと」でした♪ 

●●IMG_0148_original.JPG●IMG_0387_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回の東京倶楽部のライブは6月18日(月)19:20から3回ステージです。
リクエストもお待ちしています!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:39| Comment(0) | ライブのご報告

2018年04月06日

春まっただ中のライブ

桜も散ってさみしいですね。。。4月5日(木)は池袋Hot Pepperのライブでした。

こちらでのメンバーは毎回このトリオ。
ピアノが佐藤ミドリさん・・・もう20年近くご一緒させていただいてるかも?
ベースはうのしょうじさん ドラムスは宮一佐知生さん

さて久しぶりに歌いました曲は
★Don't Explain
ビリー・ホリデイ作。亭主が浮気をして帰ってきてつまらない言い訳をするので、思わず口をついて出たビリーの言葉から作られたらしいです。

★As Long As I Live
アニタ・オデイが“This is Anita”で歌っていたミディアム・ナンバー。
'人生はそんなに長くないから、これからは体に気をつけて、生きている限りあなたを愛するわ’

★Exactly Like You
これもアニタ・オデイのライブ盤がゴキゲンにswingしてます。
‘どうしてこんなに待ったのかやっとわかった。あなたみたいな人に会いたいと毎晩祈ってたんだもの’

★Alright,Okey,You Win
ジョー・ウイリアムスがカウント・ベーシー楽団と歌っていたノリのいい十八番。
‘あなたに恋してしまったの、だからあなたの勝ち!'

★Be My Love
メロディが美しいバラードです。
‘私の恋人になって!私の運命を決めるのに必要なのはあなたからの1回のキスだけで十分’

★Sweet Happy Life
「オルフェのサンバ」をペギー・リーが歌っていた歌詞で。
‘私があなたに望むのは甘くて幸せな生活’

★Up Jumped Spring
フレディ・ハバードの曲にアビー・リンカーンの歌詞がついたジャズ・ワルツ。
‘春にあなたと出会って、私たちの愛は風のように自由!’
そのほかの春にちなんだ曲はI'll Remember Aprill とAprill in Paris.をお届けしました。

●IMG_0263_original.JPG●IMG_0782_original.JPG
素敵な即興ダンスと歌でコラボして下さったのは藍川キヨラさん!
撮影は古谷慎治さんです。

次回のホットペッパーのライブは6月6日(水)。皆様のお越しをお待ちしています。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 16:35| Comment(0) | ライブのご報告

2018年03月29日

ピアノとのDuoで恒例のライブ

3月28日(水)は東京倶楽部本郷店で藤澤由二さんのピアノとDuoでした。

久しぶりに歌った曲は
★I Love You
"私はあなたを愛していると四月の風が口ずさむ"
春の訪れとともに恋の訪れを感じさせるコール・ポーターの曲です。

★Close Your Eyes 
ヴァースの歌詞を読むと子守歌なのに、コーラスから歌うと素敵な恋の歌に。
"瞳を閉じて、私の肩に頭をのせて休んでいてね。私がそばにいるから"
アルバムのタイトルにもなっているカート・エリングの歌がお気に入りで、私もレパートリーにしています。

★My Blue Heaven
この歌が日本でレコードになったのは昭和2年だそうです!
"家族が待つあたたかな天国のような我が家"

★What a Little Moon Light Can do
ビリーホリデイの愛唱歌です。
"気が付くと恋におちていて。月の光でこんなに大胆になるなんて!"

ビリー・ホリデイの誕生日が近いので、God Bless the Child とか Body and Soulといったビリーの持ち歌を、このほかにも何曲か選んでお届けしました。

●IMG_0155_original.JPG●IMG_0278_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回の東京倶楽部のライブは5月7日(月)
皆様のお越しをお待ちしています。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:24| Comment(0) | ライブのご報告

2018年03月01日

2月最終日のライブ

早いもので2月も終わり。28日は東京倶楽部本郷店で藤澤由二さんとDUOでした。

歌った曲は・・・・
Everything Happens to Me
In a Mellow Tone
Who Cares?
You don't Know What Love is
My Shining Hour

Easy to Love
Easy Living
Manhã De Carnaval
Polka Dots And Moonbeams
Tangerine

When Lights Are Low
Triste
Embraceable You
Alone Together
In the Wee Small Hours of the Morning

Alone TogetherやTangerineといった曲は男性ヴォーカリストの歌い方の影響を受けているところも。
Easy Livingはビリー・ホリデイの名唱が残っていますよね。
曲によって、色々な主人公を演じ分けることができたらな、と思って歌っています。

●IMG_0067_original.JPG●IMG_0249_original.JPG
撮影 古谷慎治

次回の東京倶楽部のライブは3月28日(水)19:20からの3回ステージ。
そろそろ春の歌の楽譜を整理して歌いたいと思います。
リクエストもありましたら是非。
皆様のお越しをお待ちしています。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:01| Comment(0) | ライブのご報告

2018年02月13日

寒さを吹き飛ばして熱いライブを

2月8日は池袋Hot Pepperでライブでした。
メンバーはいつも御一緒させていただいている佐藤ミドリさん(pf)、うのしょうじさん(b)、宮一佐知生さん(ds)。
もうすぐバレンタインということもあり、恋の歌/愛の歌を選んで歌いました。

久しぶりに歌ったのは
★East of the Sun 〜 "太陽の東、月の西に私たちの夢の家を建てましょう"という歌詞のラブ・ソング。
カーメン・マクレエの“After Glow”に名唱が残っています。

★Cute 〜 カウントベイシー楽団のために書きおろされた曲。
テーマでドラムと掛け合いをしたい時に、真っ先にこの曲が頭に浮かびます。

★On Green Dolphin Street 〜 マイルスの演奏が思い浮かびますが、ヴォーカリストではマーク・マーフィーが何度も録音していた曲です。

●IMG_0084_original.JPG●IMG_0716_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回のHot Pepperのライブは4月5日(木)。
皆様のお越しをお待ちしています。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:08| Comment(0) | ライブのご報告

2018年01月25日

今年最初の東京倶楽部のライブ

1月24日(水)はピアノの藤澤由二さんと東京倶楽部本郷店のライブでした。

今の季節にあう冬の歌は、ホギー・カーマイケルのBaltimore Orioleを選びました。
雪のなかで羽をひきずるような生活には耐えられないと、ふるさとを後にしたムクドリのオリオール嬢のお話しです。

久しぶりに歌ったのはクレア・フィッシャーのMorning。
ピアノとのDUOでのラテン・ジャズも、藤澤さんはばっちり決めてくれました。

●IMG_0087_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回の東京倶楽部本郷店のライブは2月28日(水)19:20からの3回ステージ(入替なし)
寒さがますます厳しくなっています。お体に気をつけてお過ごし下さい。
次回も皆様のお越しをお待ちしています!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:19| Comment(0) | ライブのご報告

2017年12月27日

今年最後の東京倶楽部本郷店ライブ

12月25日はピアニストの藤澤由二さんとDUOライブでした。クリスマス当日!

久しぶりに歌った曲は
★Say It
コルトレーンのアルバム“Ballads”に収められている曲。
カーリン・アリソンやカート・エリングも歌っていました。
〜あなたは僕のものだと囁いてください 何度でも何度でも

★Some Day My Prince Will Come
演奏ではマイルスやエヴァンスが有名なディズニー映画『白雪姫』の挿入歌
〜彼はまだ遠くにいるけれど、いつか私の愛する人を見つけるわ

★Star Eyes
パーカーが何度も録音していましたが、私はライブを始めた頃、アニタ・オデイの歌を聴いて好きになりました。
〜星のように輝く瞳 私が願いをかける星はあなたの目の中にひそんでいる

クリスマスソングも4曲ほど歌わせていただきましたが。
藤澤さんがピアノソロで弾いてくださったChristmas Time Is Here。
『スヌーピーのメリー・クリスマス』の中の曲ですが、マンハッタン・トランファーが“An Acapella Christmas”の中で歌っていたのを思い出しました。
来年は私も歌ってみたいです。

●IMG_0156_original.JPG●MG_0252_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回の東京倶楽部でのライブは来年1月24日(水)。
リリカルなピアノの音色が美しいDUO。
皆様のお越しをお待ちしています。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:47| Comment(0) | ライブのご報告

2017年12月01日

池袋Hot Pepperのライブ

11月29日(水)は、今回もピアノの佐藤ミドリさん率いる強力なメンバーとの共演。
ベースのうのしょうじさんとドラムの宮一佐知生さんは、どんなスタイルの曲でもいつも安心してお任せでき、頼りになります。

久しぶりに歌った曲は
☆Little Girl Blue
〜アニタやエラなど、多くのシンガーが歌っているロジャーズ&ハートによるバラード。
自分に何が出来るのか、指折り数えるしかない、降りかかる雨粒を数えるしかない可哀そうな女の子は、もう決して若くない・・・その気持ち、私にもわかる気がします。

☆When Sunny Gets Blue
〜悲しみで笑顔が奪われていったサニーという女の子に、新しい恋がはやく来てくれないかな。
この曲もアニタが何度もレコーディングしていました。

☆Everytime We say Goodbye
〜コール・ポーターのラブソング。
私はコルトレーンのコード進行を拝借したアレンジで歌っています。
あなたがそばにいると、これ以上すばらしい愛の歌はないのに。
さよならを言う度に、その歌がメイジャーからマイナーに突然変わるのが不思議。
●IMG_0252_original.JPG
●IMG_0447_original.JPG
撮影:古谷慎治

ここ何年か、毎回のライブで必ず新曲をご披露していたのですが、一度歌っただけでお蔵入りになった曲が結構たまっていました。
これからはそれらを次々引っ張り出して歌っていきたいと思います。

次回のHot Pepperのライブは、2月8日(木)です。
皆様のお越しをお待ちしています!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:05| Comment(0) | ライブのご報告

2017年11月08日

今月も東京倶楽部でDUOライブ

11月6日(月)は東京倶楽部本郷店で、藤澤由二さんのピアノと。
久しぶりに歌った曲がA Child is Born。
Stella by Starlight 星影のステラはバラードで。

●IMG_0132_original.JPG

創作ダンスをやっているヴォーカリスト仲間のキヨーラちゃんが、歌う私の横で踊ってくれました!

●IMG_0201_original.JPG

写真撮影は古谷慎治さんです。いつもありがとうございます。

次回の東京倶楽部のライブは12月25日(月)。
しっとりしたクリスマスの夜をご一緒に過ごしませんか?

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 15:01| Comment(0) | ライブのご報告

2017年10月07日

初秋はホット・ペッパーのライブで

あっという間に涼しくなって、すっかり秋ですね〜〜
10月5日(木)は池袋Hot Pepperで恒例のライブでした。

メンバーは、当店でいつも御一緒いただいている芸達者なピアノトリオ。
パワフルな佐藤ミドリさん(pf)、頼れるうのしょうじさん(b)、ベテラン芸の宮一佐知生さん(ds)。
3セット目にはご来店くださったお客様が参加してにぎやかなセッションのようになりました!

歌いました秋の曲は、はじめにAutumn in New York、
Autumn Serenade はコルトレーンとジョニーハートマンでお馴染みです。
そして今の季節にぴったりのEarly Autumn。

ライブの前の日は中秋の名月(十五夜)だったので、月にちなんだ歌も。
四季折々の月の美しさを歌ったMoonlight in Vermont。
Blue Moonはビリーホリデイの名唱がありますよね。
十五夜の日は、雲がかかっていて月があまり見えなかったので、まんまるの月が空にぽっかり浮かんでいる様子を思い浮かべながら歌ってみました。

●IMG_0411_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回は11月29日(水)。
リクエストもありましたらお待ちしています。
そのほかの秋の曲もレパートリーに色々ありますので。。。。。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング

posted by ありあ at 19:06| Comment(0) | ライブのご報告

2017年08月22日

東京倶楽部本郷店でライブ

8月21日(月)はピアノの藤澤由二さんとのduoでした。
このところ、急にお天気が悪くなる日が多かったので、この日も不安でしたが
お運び下さった皆様、ありがとうございました。

当日はジャズをあまり聴いたことがないというお客様がいらして下さったので、
セルジオ・メンデスやカーペンターズ、映画音楽などなど、どなたもよくご存じの曲を選曲して、私なりのアレンジでお届けしました。

○IMG_0238_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回の東京倶楽部でのライブは11月6日(月)です。
私が持ち歌にしていない曲も、リクエストをいただければ頑張って次のライブまでに歌えるようにしておきますので、何なりとお申し付け下さいませ!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 14:28| Comment(0) | ライブのご報告

2017年07月16日

池袋ホットペッパーでライブ

7月13日(木)は池袋Hot Pepperのライブでした。

ミュージシャンは、パワフルなピアノの佐藤ミドリさん。
ベースソロが歌いまくってる、うのしょうじさん。
ブラシさばきが華麗なドラマーの宮一佐知生さん。

今回の新曲は3曲でした。
歌詞が長かったり、メロディーが複雑だったりして、長いことお蔵入りしていた曲です。

It ain't necessarily soは、「ポギーとベス」の中で歌われたガーシュウィンの曲。
旧約聖書の中に書かれていることって必ずしもそうとは限らないんだよ、みたいな歌詞がついています。

Chelsea Bridgeはビリー・ストレイホーンの曲。
エラやサラがそれぞれDuke Ellington Songbookをリリースした中で歌っています。
〜恋人と出会った場所、チェルシー橋に、愛する人が帰ってくると私は祈って待っています〜

ペギー・リーの歌で有名なFeverは3年前に持ち歌にしていたのですが、ようやくライブでお披露目できました。
〜あなたが好きで好きで、熱病にかかったみたい。朝も夜も、誰もかれも、みんな熱病にかかるのよ〜

○IMG_1655_original.JPG
撮影・古谷慎治

次回のHot Pepperでのライブは10月5日(木)です。
このメンバーでの演奏の良さを活かしてどう選曲するか、今から楽しみ♪
皆様のお越しをお待ちしています。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 14:07| Comment(0) | ライブのご報告

2017年06月08日

大森明氏(as)@東京倶楽部水道橋店

久しぶりにライブにうかがいました。
メンバーは杉山泰史さん(g) 岡本昌三さん(b)。
ドラムレスだったので、繊細な音の一つ一つをじっくり味わうことができました。
杉山さんとお目にかかるのは、20年近く昔にご一緒させていただいて以来です。

私は2ndにうかがったのですが、
最初にSocial Call
次いでオリジナルが2曲。
2015年のアルバムManhattan Suiteから哀愁に満ちたボサノヴァでNocturne No,4
2006年のアルバムRecurrenceからGoodbye J.Mc
レコーディングの直前にジャッキー・マクリーンが亡くなったため急遽作った曲で、What's Newのコントラファクト(同じコード進行の違う曲)だそう。Boppyな曲です。
最後はバラードでIf you could see me now

つややかな音色と、これ以上はあり得ない!という程歌いまくっているソロ。
杉山さんのやわらかいギターの音色と相性がぴったりで、岡本さんがしっかりと2人の演奏を支えていました。
またこのメンバーでお願いしたい!お勧めライブです。

2年程大森先生のレッスンを休んでいたのですが。
人間はそんなにいつでも右肩上がりっていうわけじゃないから。
まずは自分を知ることだよ、とおっしゃっていました。

尊敬する師匠の言葉、深く肝に銘じます。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 00:43| Comment(0) | ライブのご報告

2017年06月02日

ライブのご報告 with 藤澤由二氏(pf)

6月1日(木)は東京倶楽部本郷店でピアノの藤澤由二さんとDUOでした。
お運びくださった皆様、ありがとうございました!

この日の新曲はMidnight Sun。
“突然あなたが私を抱きしめたので、真夜中の太陽が見えた”
神秘的な歌詞にぴったりの凝ったメロディー。
3年前からあたためていたライオネル・ハンプトンの曲ですが、藤澤さんのリリカルなピアノで、しっとりと歌うことができました。

●IMG_0080_original.JPG●IMG_0072_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回の藤澤さんとの東京倶楽部本郷店のライブは8月21日(月)。
リクエストもありましたら是非。
楽譜を持って行きますので、あらかじめご連絡いただけると嬉しいです。
皆様のお越しをお待ちしています。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 13:28| Comment(0) | ライブのご報告

2017年04月28日

with 藤澤由二氏(p) @東京倶楽部

4月26日(水)は恒例のDUOライブでした。
今回の新曲は春の歌2曲。

#Up Jumped Spring はリリカルなジャズワルツ。
フレディー・ハバードの曲にアビー・リンカーンの歌詞で。
春の時空を軽々と飛び越えて、好きな人に出会えた喜びを歌っています。

#You must Believe in Spring はミッシェル・ルグランの美しいバラード。
“孤独な想いで心が凍っていても、やがて春になって愛が生まれるのを信じましょう”

3年前と2年前にそれぞれ仕込んでいた曲なのですが、藤澤さんがよくピアノ・ソロで演奏して下さっていたので、今回ライブで始めて歌ってみました。
ミュージシャンの方が好きな曲を選ぶと、一緒に楽しんで演奏ができるのでは?などと思いながら、選曲することが多いんです。

○IMG_0033_original.JPG
撮影:古谷慎治

レパートリー、色々ありますので、リクエストがありましたら、事前にメールでお知らせいただけると嬉しいです。
楽譜、持っていきますので!

次回の東京倶楽部のライブは6月1日(木)。
皆様のお越しをお待ちしています。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 13:35| Comment(0) | ライブのご報告

2017年04月07日

池袋ホットペッパーのライブは新曲と春の歌満開で

桜も満開。恒例になりましたライブは姉御・佐藤ミドリさん(p)のトリオと。
メンバーは、ベース・ソロが圧巻のうのしょうじさん(b)、安定したswing感の宮一佐知生(ds)さんです。

今回の新曲は6曲
#The end of a love affair
‘恋が終わってしまったらもうどうしようもない’という曲。
私はswingで歌いましたが、ビリー・ホリデイはLady in satinの中でバラードで切なく歌ってました。

#I get along without you very well
これもビリー・ホリデイがLady in satinの中で歌っていたホギー・カーマイケルのバラード。
‘あなたがいなくなってもうまくやっていけると思うけど。春がくれば私の心は二つに割れてしまいそう。’

#The best is yet to come
サラ、エラ、カーメンも歌っていたメロディーラインがユニークなswingできる曲。
‘あなたが私のものになる最高の時がこれから来るのよ’

#The man with the Horn
アニタ・オデイがPick yourself upの中で歌っていたバラード。
トランペット奏者の方がメンバーに居たら気持ちが入って更に盛りあがったはず?!

#One for my Baby
エラやビリー、メル・トーメも歌っていたブルージーな曲。
待っている恋人が来なくてバーテンダーの人に愚痴をこぼしている・・みたいな歌詞です。

#Some other Spring
春にちなんで。これもビリーが歌っていた失恋の歌。
‘そのうち新しい春に新しい恋をしたいけど、今はまだ色あせた恋にしがみついていたい'

そのほかにも、新曲ではないですが春にちなんでApril in Paris や I'll Remember April。
2月に亡くなられたアル・ジャロウの持ち歌なども。

○IMG_0532_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回は少し先ですが7月13日(木)。迫力のライブ;お待ちしていますね。リクエストもありましたらぜひ

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:51| Comment(0) | ライブのご報告

2017年02月21日

藤澤由二氏とDuo

2月20日(月)は東京倶楽部本郷店で恒例のライブでした。
雨模様の中お越し下さったお客様、有り難うございました。
今回はバレンタインにちなみ、恋の歌を特集してお届けしました♪

今回の新曲は
#I wish you Love
切なくけなげな失恋の歌をミディアムswingで。私が好きなのはナンシー・ウイルソンのヴァージョン。
‘あなたとうまくやっていけないことは判っているから、あなたが誰かを愛することを心の底から願ってる’

#This is Always
チェット・ベイカーが歌っていた美しいメロディーラインのバラード。
“時々ではなく「いつも」 たぶんではなく「常に」。これが本当の愛の始まり”

#I Should Care
バラードで演奏するミュージシャンが多い中、チェット・ベイカーがミディアムswingで歌っていたのを参考に。
“くよくよ悩んで当然だよね。あなたみたいな素敵な人とは二度と巡り会わないだろうから”

#Folks Who live on the Hill
カーメン・マクレエやメル・トーメの名唱が残っているあたたかな愛の歌。
“いつか二人で家を建てて「丘の上に住む人たち」って呼ばれるようになるの”

#It's De-Lovely
アニタやエラも歌っていたコール・ポーターの曲。言葉遊びみたいな歌詞とリズムがユニーク。
“あなたと恋の気分で超ゴキゲン!”

○IMG_0090_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回の東京倶楽部本郷店での藤澤さんとのライブは4月26日(水)です。
ピアノとのDUOにぴったりなリリカルな春の歌を特集してお届けします。
皆様是非聴きにいらして下さいね。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:48| Comment(0) | ライブのご報告

2017年01月27日

佐藤ミドリ(p)トリオとのライブ

1月26日(木)は池袋Hot Pepperでした。
佐藤ミドリさん(p)が、うのしょうじさん(b)、宮一佐知生さん(ds)のお二人をばりばり引っ張っていく演奏が醍醐味の、恒例ライブ。
お越し下さった皆様、寒い中ありがとうございました。

私のこの日の新曲は
#In Your Own Sweet Way
デイヴ・ブルーベックの曲。勝手にやり放題の男性に振りまわされてるという歌詞です。
カーメン・マクレエが彼と共演しているアルバムで歌っていますが、私はマイルスのアレンジをいただいてみました。

#Stars Fell On Alabama
多くのミュージシャンやシンガーが取り上げている大スタンダードナンバー。
星降るアラバマ。“白い野原でKissをする私たちはドラマの一場面にいるかのよう”

#If This isn't Love
“これが愛でないなら世の中はおかしい” 突然の胸躍るできごとに困惑しちゃってるのでしょうか?
超アップテンポのイメージがあったので、私もそのように歌ったのですが、サラ・ヴォーンのライブ盤を聴いてみたら、結構ゆったりしたテンポでした。次回は私も。

#I'm Old Fashioned
“昔から変わらないものが好き。そしてあなたも変わらずにいてくれたなら”
先月ライブを聴きに行ったマルガリータ・ベンクトソンが歌っていたので、私も自分なりにアレンジしてレパートリーにしてみました。

#Brasil
ポルトガルではまだ無理なので、サンバのリズムで英語で歌いました。
クレオ・レーンとメル・トーメがエキゾチックにデュオで歌っていたアルバムがあります。

●MG_0640_original.JPG
●IMG_0936_original.JPG
撮影★古谷慎治

次回のHot Pepperでのライブは4月6日(木)20時から。
リクエストもありましたらお待ちしています♪

にほんブログ村
posted by ありあ at 21:55| Comment(0) | ライブのご報告