2017年12月27日

今年最後の東京倶楽部本郷店ライブ

12月25日はピアニストの藤澤由二さんとDUOライブでした。クリスマス当日!

久しぶりに歌った曲は
★Say It
コルトレーンのアルバム“Ballads”に収められている曲。
カーリン・アリソンやカート・エリングも歌っていました。
〜あなたは僕のものだと囁いてください 何度でも何度でも

★Some Day My Prince Will Come
演奏ではマイルスやエヴァンスが有名なディズニー映画『白雪姫』の挿入歌
〜彼はまだ遠くにいるけれど、いつか私の愛する人を見つけるわ

★Star Eyes
パーカーが何度も録音していましたが、私はライブを始めた頃、アニタ・オデイの歌を聴いて好きになりました。
〜星のように輝く瞳 私が願いをかける星はあなたの目の中にひそんでいる

クリスマスソングも4曲ほど歌わせていただきましたが。
藤澤さんがピアノソロで弾いてくださったChristmas Time Is Here。
『スヌーピーのメリー・クリスマス』の中の曲ですが、マンハッタン・トランファーが“An Acapella Christmas”の中で歌っていたのを思い出しました。
来年は私も歌ってみたいです。

●IMG_0156_original.JPG●MG_0252_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回の東京倶楽部でのライブは来年1月24日(水)。
リリカルなピアノの音色が美しいDUO。
皆様のお越しをお待ちしています。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:47| Comment(0) | ライブのご報告

2017年12月01日

池袋Hot Pepperのライブ

11月29日(水)は、今回もピアノの佐藤ミドリさん率いる強力なメンバーとの共演。
ベースのうのしょうじさんとドラムの宮一佐知生さんは、どんなスタイルの曲でもいつも安心してお任せでき、頼りになります。

久しぶりに歌った曲は
☆Little Girl Blue
〜アニタやエラなど、多くのシンガーが歌っているロジャーズ&ハートによるバラード。
自分に何が出来るのか、指折り数えるしかない、降りかかる雨粒を数えるしかない可哀そうな女の子は、もう決して若くない・・・その気持ち、私にもわかる気がします。

☆When Sunny Gets Blue
〜悲しみで笑顔が奪われていったサニーという女の子に、新しい恋がはやく来てくれないかな。
この曲もアニタが何度もレコーディングしていました。

☆Everytime We say Goodbye
〜コール・ポーターのラブソング。
私はコルトレーンのコード進行を拝借したアレンジで歌っています。
あなたがそばにいると、これ以上すばらしい愛の歌はないのに。
さよならを言う度に、その歌がメイジャーからマイナーに突然変わるのが不思議。
●IMG_0252_original.JPG
●IMG_0447_original.JPG
撮影:古谷慎治

ここ何年か、毎回のライブで必ず新曲をご披露していたのですが、一度歌っただけでお蔵入りになった曲が結構たまっていました。
これからはそれらを次々引っ張り出して歌っていきたいと思います。

次回のHot Pepperのライブは、2月8日(木)です。
皆様のお越しをお待ちしています!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:05| Comment(0) | ライブのご報告

2017年11月08日

今月も東京倶楽部でDUOライブ

11月6日(月)は東京倶楽部本郷店で、藤澤由二さんのピアノと。
久しぶりに歌った曲がA Child is Born。
Stella by Starlight 星影のステラはバラードで。

●IMG_0132_original.JPG

創作ダンスをやっているヴォーカリスト仲間のキヨーラちゃんが、歌う私の横で踊ってくれました!

●IMG_0201_original.JPG

写真撮影は古谷慎治さんです。いつもありがとうございます。

次回の東京倶楽部のライブは12月25日(月)。
しっとりしたクリスマスの夜をご一緒に過ごしませんか?

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 15:01| Comment(0) | ライブのご報告

2017年10月07日

初秋はホット・ペッパーのライブで

あっという間に涼しくなって、すっかり秋ですね〜〜
10月5日(木)は池袋Hot Pepperで恒例のライブでした。

メンバーは、当店でいつも御一緒いただいている芸達者なピアノトリオ。
パワフルな佐藤ミドリさん(pf)、頼れるうのしょうじさん(b)、ベテラン芸の宮一佐知生さん(ds)。
3セット目にはご来店くださったお客様が参加してにぎやかなセッションのようになりました!

歌いました秋の曲は、はじめにAutumn in New York、
Autumn Serenade はコルトレーンとジョニーハートマンでお馴染みです。
そして今の季節にぴったりのEarly Autumn。

ライブの前の日は中秋の名月(十五夜)だったので、月にちなんだ歌も。
四季折々の月の美しさを歌ったMoonlight in Vermont。
Blue Moonはビリーホリデイの名唱がありますよね。
十五夜の日は、雲がかかっていて月があまり見えなかったので、まんまるの月が空にぽっかり浮かんでいる様子を思い浮かべながら歌ってみました。

●IMG_0411_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回は11月29日(水)。
リクエストもありましたらお待ちしています。
そのほかの秋の曲もレパートリーに色々ありますので。。。。。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング

posted by ありあ at 19:06| Comment(0) | ライブのご報告

2017年08月22日

東京倶楽部本郷店でライブ

8月21日(月)はピアノの藤澤由二さんとのduoでした。
このところ、急にお天気が悪くなる日が多かったので、この日も不安でしたが
お運び下さった皆様、ありがとうございました。

当日はジャズをあまり聴いたことがないというお客様がいらして下さったので、
セルジオ・メンデスやカーペンターズ、映画音楽などなど、どなたもよくご存じの曲を選曲して、私なりのアレンジでお届けしました。

○IMG_0238_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回の東京倶楽部でのライブは11月6日(月)です。
私が持ち歌にしていない曲も、リクエストをいただければ頑張って次のライブまでに歌えるようにしておきますので、何なりとお申し付け下さいませ!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 14:28| Comment(0) | ライブのご報告

2017年07月16日

池袋ホットペッパーでライブ

7月13日(木)は池袋Hot Pepperのライブでした。

ミュージシャンは、パワフルなピアノの佐藤ミドリさん。
ベースソロが歌いまくってる、うのしょうじさん。
ブラシさばきが華麗なドラマーの宮一佐知生さん。

今回の新曲は3曲でした。
歌詞が長かったり、メロディーが複雑だったりして、長いことお蔵入りしていた曲です。

It ain't necessarily soは、「ポギーとベス」の中で歌われたガーシュウィンの曲。
旧約聖書の中に書かれていることって必ずしもそうとは限らないんだよ、みたいな歌詞がついています。

Chelsea Bridgeはビリー・ストレイホーンの曲。
エラやサラがそれぞれDuke Ellington Songbookをリリースした中で歌っています。
〜恋人と出会った場所、チェルシー橋に、愛する人が帰ってくると私は祈って待っています〜

ペギー・リーの歌で有名なFeverは3年前に持ち歌にしていたのですが、ようやくライブでお披露目できました。
〜あなたが好きで好きで、熱病にかかったみたい。朝も夜も、誰もかれも、みんな熱病にかかるのよ〜

○IMG_1655_original.JPG
撮影・古谷慎治

次回のHot Pepperでのライブは10月5日(木)です。
このメンバーでの演奏の良さを活かしてどう選曲するか、今から楽しみ♪
皆様のお越しをお待ちしています。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

ジャズランキング
posted by ありあ at 14:07| Comment(0) | ライブのご報告

2017年06月08日

大森明氏(as)@東京倶楽部水道橋店

久しぶりにライブにうかがいました。
メンバーは杉山泰史さん(g) 岡本昌三さん(b)。
ドラムレスだったので、繊細な音の一つ一つをじっくり味わうことができました。
杉山さんとお目にかかるのは、20年近く昔にご一緒させていただいて以来です。

私は2ndにうかがったのですが、
最初にSocial Call
次いでオリジナルが2曲。
2015年のアルバムManhattan Suiteから哀愁に満ちたボサノヴァでNocturne No,4
2006年のアルバムRecurrenceからGoodbye J.Mc
レコーディングの直前にジャッキー・マクリーンが亡くなったため急遽作った曲で、What's Newのコントラファクト(同じコード進行の違う曲)だそう。Boppyな曲です。
最後はバラードでIf you could see me now

つややかな音色と、これ以上はあり得ない!という程歌いまくっているソロ。
杉山さんのやわらかいギターの音色と相性がぴったりで、岡本さんがしっかりと2人の演奏を支えていました。
またこのメンバーでお願いしたい!お勧めライブです。

2年程大森先生のレッスンを休んでいたのですが。
人間はそんなにいつでも右肩上がりっていうわけじゃないから。
まずは自分を知ることだよ、とおっしゃっていました。

尊敬する師匠の言葉、深く肝に銘じます。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 00:43| Comment(0) | ライブのご報告

2017年06月02日

ライブのご報告 with 藤澤由二氏(pf)

6月1日(木)は東京倶楽部本郷店でピアノの藤澤由二さんとDUOでした。
お運びくださった皆様、ありがとうございました!

この日の新曲はMidnight Sun。
“突然あなたが私を抱きしめたので、真夜中の太陽が見えた”
神秘的な歌詞にぴったりの凝ったメロディー。
3年前からあたためていたライオネル・ハンプトンの曲ですが、藤澤さんのリリカルなピアノで、しっとりと歌うことができました。

●IMG_0080_original.JPG●IMG_0072_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回の藤澤さんとの東京倶楽部本郷店のライブは8月21日(月)。
リクエストもありましたら是非。
楽譜を持って行きますので、あらかじめご連絡いただけると嬉しいです。
皆様のお越しをお待ちしています。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 13:28| Comment(0) | ライブのご報告

2017年04月28日

with 藤澤由二氏(p) @東京倶楽部

4月26日(水)は恒例のDUOライブでした。
今回の新曲は春の歌2曲。

#Up Jumped Spring はリリカルなジャズワルツ。
フレディー・ハバードの曲にアビー・リンカーンの歌詞で。
春の時空を軽々と飛び越えて、好きな人に出会えた喜びを歌っています。

#You must Believe in Spring はミッシェル・ルグランの美しいバラード。
“孤独な想いで心が凍っていても、やがて春になって愛が生まれるのを信じましょう”

3年前と2年前にそれぞれ仕込んでいた曲なのですが、藤澤さんがよくピアノ・ソロで演奏して下さっていたので、今回ライブで始めて歌ってみました。
ミュージシャンの方が好きな曲を選ぶと、一緒に楽しんで演奏ができるのでは?などと思いながら、選曲することが多いんです。

○IMG_0033_original.JPG
撮影:古谷慎治

レパートリー、色々ありますので、リクエストがありましたら、事前にメールでお知らせいただけると嬉しいです。
楽譜、持っていきますので!

次回の東京倶楽部のライブは6月1日(木)。
皆様のお越しをお待ちしています。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 13:35| Comment(0) | ライブのご報告

2017年04月07日

池袋ホットペッパーのライブは新曲と春の歌満開で

桜も満開。恒例になりましたライブは姉御・佐藤ミドリさん(p)のトリオと。
メンバーは、ベース・ソロが圧巻のうのしょうじさん(b)、安定したswing感の宮一佐知生(ds)さんです。

今回の新曲は6曲
#The end of a love affair
‘恋が終わってしまったらもうどうしようもない’という曲。
私はswingで歌いましたが、ビリー・ホリデイはLady in satinの中でバラードで切なく歌ってました。

#I get along without you very well
これもビリー・ホリデイがLady in satinの中で歌っていたホギー・カーマイケルのバラード。
‘あなたがいなくなってもうまくやっていけると思うけど。春がくれば私の心は二つに割れてしまいそう。’

#The best is yet to come
サラ、エラ、カーメンも歌っていたメロディーラインがユニークなswingできる曲。
‘あなたが私のものになる最高の時がこれから来るのよ’

#The man with the Horn
アニタ・オデイがPick yourself upの中で歌っていたバラード。
トランペット奏者の方がメンバーに居たら気持ちが入って更に盛りあがったはず?!

#One for my Baby
エラやビリー、メル・トーメも歌っていたブルージーな曲。
待っている恋人が来なくてバーテンダーの人に愚痴をこぼしている・・みたいな歌詞です。

#Some other Spring
春にちなんで。これもビリーが歌っていた失恋の歌。
‘そのうち新しい春に新しい恋をしたいけど、今はまだ色あせた恋にしがみついていたい'

そのほかにも、新曲ではないですが春にちなんでApril in Paris や I'll Remember April。
2月に亡くなられたアル・ジャロウの持ち歌なども。

○IMG_0532_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回は少し先ですが7月13日(木)。迫力のライブ;お待ちしていますね。リクエストもありましたらぜひ

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:51| Comment(0) | ライブのご報告

2017年02月21日

藤澤由二氏とDuo

2月20日(月)は東京倶楽部本郷店で恒例のライブでした。
雨模様の中お越し下さったお客様、有り難うございました。
今回はバレンタインにちなみ、恋の歌を特集してお届けしました♪

今回の新曲は
#I wish you Love
切なくけなげな失恋の歌をミディアムswingで。私が好きなのはナンシー・ウイルソンのヴァージョン。
‘あなたとうまくやっていけないことは判っているから、あなたが誰かを愛することを心の底から願ってる’

#This is Always
チェット・ベイカーが歌っていた美しいメロディーラインのバラード。
“時々ではなく「いつも」 たぶんではなく「常に」。これが本当の愛の始まり”

#I Should Care
バラードで演奏するミュージシャンが多い中、チェット・ベイカーがミディアムswingで歌っていたのを参考に。
“くよくよ悩んで当然だよね。あなたみたいな素敵な人とは二度と巡り会わないだろうから”

#Folks Who live on the Hill
カーメン・マクレエやメル・トーメの名唱が残っているあたたかな愛の歌。
“いつか二人で家を建てて「丘の上に住む人たち」って呼ばれるようになるの”

#It's De-Lovely
アニタやエラも歌っていたコール・ポーターの曲。言葉遊びみたいな歌詞とリズムがユニーク。
“あなたと恋の気分で超ゴキゲン!”

○IMG_0090_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回の東京倶楽部本郷店での藤澤さんとのライブは4月26日(水)です。
ピアノとのDUOにぴったりなリリカルな春の歌を特集してお届けします。
皆様是非聴きにいらして下さいね。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:48| Comment(0) | ライブのご報告

2017年01月27日

佐藤ミドリ(p)トリオとのライブ

1月26日(木)は池袋Hot Pepperでした。
佐藤ミドリさん(p)が、うのしょうじさん(b)、宮一佐知生さん(ds)のお二人をばりばり引っ張っていく演奏が醍醐味の、恒例ライブ。
お越し下さった皆様、寒い中ありがとうございました。

私のこの日の新曲は
#In Your Own Sweet Way
デイヴ・ブルーベックの曲。勝手にやり放題の男性に振りまわされてるという歌詞です。
カーメン・マクレエが彼と共演しているアルバムで歌っていますが、私はマイルスのアレンジをいただいてみました。

#Stars Fell On Alabama
多くのミュージシャンやシンガーが取り上げている大スタンダードナンバー。
星降るアラバマ。“白い野原でKissをする私たちはドラマの一場面にいるかのよう”

#If This isn't Love
“これが愛でないなら世の中はおかしい” 突然の胸躍るできごとに困惑しちゃってるのでしょうか?
超アップテンポのイメージがあったので、私もそのように歌ったのですが、サラ・ヴォーンのライブ盤を聴いてみたら、結構ゆったりしたテンポでした。次回は私も。

#I'm Old Fashioned
“昔から変わらないものが好き。そしてあなたも変わらずにいてくれたなら”
先月ライブを聴きに行ったマルガリータ・ベンクトソンが歌っていたので、私も自分なりにアレンジしてレパートリーにしてみました。

#Brasil
ポルトガルではまだ無理なので、サンバのリズムで英語で歌いました。
クレオ・レーンとメル・トーメがエキゾチックにデュオで歌っていたアルバムがあります。

●MG_0640_original.JPG
●IMG_0936_original.JPG
撮影★古谷慎治

次回のHot Pepperでのライブは4月6日(木)20時から。
リクエストもありましたらお待ちしています♪

にほんブログ村
posted by ありあ at 21:55| Comment(0) | ライブのご報告

2016年12月20日

今月の東京倶楽部のライブ

12月19日(月)は、恒例になりました東京倶楽部本郷店のライブ。
藤澤由二さんのピアノとDuoでした。

今月の新曲は・・・
★Them there eyes
ビリー・ホリデイやエラ、超アップテンポなアニタ・オデイなど、多くのシンガーが歌っています。
#それそれ!その瞳を見たとたんに私はあなたに恋をしてしまってもう夢中。

★You turned the tables on me
この歌もビリー、エラ、サラ、アニタの名唱が残っています。
#今私が一人ぼっちなのは、当然の報いかも?形成が逆転しちゃったみたい・・

★He's funny that way
ビリー・ホリデイが繰り返しレコーディングしていた曲。
#美人じゃないし何の価値もない私に首ったけだなんて。そんな彼、おかしいでしょ?

★The night we called it a day
弾き語りで有名なソングライター、マット・デニスの曲です。
#口づけして去って行ってしまったあなた。月は沈み星も消えた、私たちの最後の夜。

★Nobody else but me
アイリーン・クラールやマデリン・イーストマンといった私のお気に入りのvocalistが歌っていました。
#彼がありのままの私を好きでいてくれるから、私は幸せよ!

クリスマス・ソングも歌いましたが、藤澤さんは私が持ち歌にしていない曲を演奏して下さいました。
アニメ 『スヌーピーのメリー・クリスマス』から Christmas time is here.
そしてプレスリーが歌っていた Blue Christmas.
どちらもいい曲だったので、来年までに覚えて私も歌ってみたいと思います♪

次回の藤澤さんとのライブは2月20日(月)。
藤澤さんとのDuoでは私も繊細な表現ができるので毎回楽しみにしています。
皆様のお越しをお待ちしています。リクエストもありましたら是非。

★IMG_0115_original.JPG
撮影:古谷慎治


にほんブログ村
posted by ありあ at 15:00| Comment(0) | ライブのご報告

2016年11月19日

池袋でライブ

11月17日(木)は池袋のHot Pepperでライブでした。
メンバーは、佐藤ミドリさん(pf)、うのしょうじさん(b)、宮一佐知生さん(ds)。
いつも当店でご一緒させていただいてます。

今月の新曲は5曲。
・Frenesi(フレネシ)
スペイン語のタイトルですが、英語でmadnessという意味らしい。アーティー・ショー楽団の十八番です。
メキシコのお祭りに立ち寄って素敵な君に心を奪われた!という歌詞。
ベティー・カーターが超アップテンポで歌っていましたが、私はアニタ・オデイが“Anita O'Day Sings The Winners”で歌っていたバージョンのイメージで。
リズムはチャチャがあっているかな?エキゾチックな曲です。

・Mack The Knife
別名モリタート、名盤・名演が多数あります。
ヴォーカルではボビー・ダーリンやサッチモ、長い歌詞を忘れてとっさにスキャットで歌った“Ella In Berlin”でのエラの歌唱も有名。
私は今回スキャットせずに、歌詞を自分で作ってendingに加えてみました。

・Let's Face the Music and Dance
エラやシナトラ、メル・トーメも歌っていますが、私はアニタのように、ノリのいいラテンとswingのリズムで。
「この先困難があるかも知れないけれど、音楽と月の光と愛とロマンスがある限り、この音楽と踊りを楽しみましょう」

・Deep Purple
その昔、アーティー・ショー楽団でヘレン・フォレストが歌っていた曲。
私の好きなロバータ・ガンバリーニは音域の広いこのバラードを見事な歌唱力で歌い上げています。
紫色をした夜のとばりがおりる夕暮れ時に、去っていったあなたの夢をみる。。という曲。

・That Old Black Magic
恋という古い不思議な魔力にとりつかれてしまった!・・という曲。
これもロバータ・ガンバリーニが軽やかにswingして歌っています。

●IMG_0764_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回のHot Pepperは1月26日(木)20時からです。
リクエストもありましたら是非。
皆様のお越しをお待ちしています!


にほんブログ村
posted by ありあ at 19:24| Comment(0) | ライブのご報告

2016年10月14日

藤澤由二さんとDUO

10月13日(木)は、恒例になりました東京倶楽部本郷店でのライブ。
ピアニストの藤澤さんとの共演でした。

あっという間に秋になり、秋の曲の楽譜をあれこれひっぱり出す余裕がなかったのですが今回は新曲として‘Autumn Serenade’を歌いました。
コルトレーンと共演したアルバムでジョニー・ハートマンが歌っていた、ゆったりしたテンポのラテンの歌です。

藤澤さんはピアノソロで‘Eary Autumn’を弾いて下さいました。
アニタ・オデイが“Sings the Winners"で歌っていた美しいメロディのバラード。
私も去年の秋はいくどとなく歌っていたことを思い出しました。
あっという間に1年たって、また秋が巡ってきたことを感じました。

●IMG_0032_original.JPG●IMG_0139_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回の東京倶楽部本郷店での藤澤さんとのDUOは、12月19日(月)です。
リクエストもありましたら是非。
楽譜を持って行きますので、超スタンダード以外の曲は、事前に曲名をお知らせいただけると助かります♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ありあ at 17:22| Comment(0) | ライブのご報告

2016年09月05日

今月の池袋Hot Pepper

9月1日(木)は恒例になりました佐藤ミドリ(p)トリオとのライブでした。
メンバーはパワフルなミドリさんと、うのしょうじさん(b)、宮一佐知生さん(ds)。

この日の私の新曲はバラードでI'll be Around。
ビリー・ホリデイのアルバム "Lady in Satin"に入っている曲です。
好きだった人が新しい恋に破れても、私はいつもあなたの近くにいるから。。。。
ひとり思い続けている恋。。。切ないですね。

ちょうどこの時セルジオ・メンデスが来日していたので、私の十八番、Mas que nadaもご披露しました。
うのさんは、ラテンもswingもがっつりと演奏して下さる方。
バラードの曲では、アルコ(ウッド・ベースを指で弾かず弓で弾くこと)でドラマチックにエンディングを盛り上げて下さることも。
●IMG_0085_original.JPG●IMG_0466_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回のHot Pepperでのライブは11月17日(木)20時から。
お待ちしています!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:03| Comment(0) | ライブのご報告

2016年08月19日

藤澤由二さんのピアノとデュオ

8月17日は東京倶楽部本郷店でライブでした。
藤澤さんのファンのお客様も多数お越し下さいました。
繊細なバラードもバップも、何でもお得意の藤澤さん。
演奏していただく度に曲が違う表情になるのです。

今回も開演前のサウンドチェックで音合わせしたミディアム・ラテンの曲の、本番でのリズムが違うノリになっていたり。。。。
デュオなので、シンプルな編成の中での遊び心が、ヴォーカル好きな方にはたまらないと思いますよ♪

私の歌は、普段歌っていない楽曲を今回もいくつかとり上げてみました。
 ☆With A Song in My Heart〜ロジャース&ハートの曲。私はロリンズの演奏のイメージで少しアップテンポに。
 ☆Poinciana〜ポインシアナは真っ赤な花が咲く熱帯の樹木。もとはキューバの曲だそうでエキゾチックな恋の歌です。演奏で有名なのはアーマッド・ジャマルでしょうか。
 ☆Del Sasser〜ベーシスト、サム・ジョーンズのオリジナルでキャノンボール・アダレイの名盤“Them Dirty Blues”の演奏で知られています。カーメン・マクレエが歌っているのでヴォーカリストもよくとり上げている曲。
 ☆Too Darn Hot〜エラが名盤“Ella in Berlin”の中で歌っているコール・ポーターの曲なのでご存じの方も少なくないと思います。猛暑の季節にちなんで。

●IMG_0115_original.JPG●IMG_0255_original.JPG
撮影は古谷慎治さん

次回の東京倶楽部での藤澤さんとの演奏は10月13日(木)19:20から。
お待ちしています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:36| Comment(0) | ライブのご報告

2016年08月04日

佐藤ミドリ BANDとライブ

7月27日は池袋ホットペッパーでライブでした。
ミュージシャンは佐藤ミドリさん(pf)、うのしょうじさん(b)。今回からドラムの宮一佐知生さんが加わり、ますますパワーアップしました。

宮一さんのブラシだと気持ちよくswingできる。。さすがにベテランの腕です。
うのさんのベースは、チャレンジングにしかけてくれるスリリングさがたまりません。
そんなミュージシャンの演奏をパワフルにリードするミドリさん。
日頃から一緒に演奏しているメンバーだと、気心知れている分色々なことができるんだな〜とあらためて感じます。
☆IMG_0092_original (3).JPG ☆IMG_0930_original (2).JPG
撮影:古谷慎治

次回のホットペッパーは、同じメンバーで9月1日(木)。
お待ちしています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

posted by ありあ at 17:22| Comment(0) | ライブのご報告

2016年06月24日

東京倶楽部でのDUO

6月20日(月)は東京倶楽部本郷店で藤澤由二さんとのDUOでした。
普段ベースやドラムが入って演奏しているようなラテンジャズの曲も
藤澤さんは私の楽譜を見ただけで(リハなしで)ピアノだけでばっちり決めてくれます!

IMG_0083_original.JPG
撮影:古谷慎治

次回の藤澤さんとのライブは8月17日(水)19:20から。
私も頑張りますので皆様いらして下さいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:23| Comment(0) | ライブのご報告

2016年06月14日

六本木サテンドールのライブ

13日(月)は六本木サテンドールでライブでした。
久しぶりに朝から大雨の日。お天気が悪い中お運び下さり感謝です。

ご一緒したのは、ボーカリストが
田口理恵さん、西直子さん、Miho con Palmasさん。
ミュージシャンは青木弘武さん(pf)、ジャンボ小野さん(b)、 木村由紀夫さん(ds)。
色々な芸風のシンガーさんとの共演で、楽しんでいただけと思います。

一人7曲歌うのですが。私が歌ったのはこんな曲。
・The Surrey with the Fringe on Top。 邦題は「飾りのついた四輪馬車」。私はマイルスの演奏が好きです。
・Be my love。キース・ジャレットが演奏していた情熱的なバラード。
・オルフェのサンバ。 映画「黒いオルフェ」でカーニバルのシーンのバックに流れていた曲。
・Morning。クレア・フィッシャー作曲の、ラテン・ジャズのスタンダード。私が大好きな曲です。
・今マイブームな夏の曲、Summer Night。
・こちらも「黒いオルフェ」からジョビンのFelicidade。
・St.Louis Blues

大ベテランのミュージシャンの方々と演奏できて、幸せな時間でした。
次のライブに備えて、聞き応えがある曲をまた準備していきたいと思います。
IMG_0029_2original.JPG

IMG_0219_original.JPG

撮影:古谷慎治

次回の私のライブは20日(月)東京倶楽部19:20からの3回ステージです。
With 藤澤由二さん(pf)。
皆様のお越しをお待ちしています♫♫〜

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ありあ at 15:38| Comment(0) | ライブのご報告