2014年09月06日

ノーマ・ウインストンのライブ

9月5日・6日は、新宿のピットインでNorma Winstoneの2days。
私は2日目に行って参りました!
英国のコンテンポラリージャズ界の大御所。今回がはじめての来日です。
ミュージシャンは、Klaus Gesing(sax、バスクラリネット)とGlauco Venier(ピアノ)という
新しいCD “Dance Without Answer"のメンバーです。

難しいリズムや音程を軽々とコントロールし、ミュージシャンの音と一体になって溶け込んでいるノーマの
voice。
見舞いに行ったものの、今日は母の意識がはっきりせず、がっかりして会場に向かったのですが
この世のものとは思えない演奏を間近で聞いて、
私は私で気持ちを引き締めていかなければいけないと、あらためて自覚させられました。
感謝。

posted by ありあ at 23:14| Comment(0) | ライブ聞きに行きました

2014年07月08日

ギターデュオ@モンゴメリーランド

7月8日は池袋のモンゴメリーランドで井上智さんと菅野義孝さんのギターデュオでした。

お店は満員のお客様。席がなくてカウンターの中に入って聴いていらした方も!
皆さん、音の一つ一つを決して聞き逃さないぞとばかりに前のめりになって、
繊細なインタープレイに全神経を傾けてました。
ジャズギター大好きという方が、こんなにいらっしゃるんですね〜
店名からもおわかりのように、マスターがウェス・モンゴメリー大好きというこのお店。
すっかりジャズギター専門店のようになってます。

セットリストは次のとおり。大スタンダードを色々料理してくださって遊び心も満載でした。

(1st) Freight trane、Day by day、This could be the start of something big、
    If you could see me now、Bluesette、Speak low

(2nd) Stompin' at the Savoy、Falling in love with love、My one and only love
    My funny valentine、Yardbird Suite、Blue monk


posted by ありあ at 23:54| Comment(0) | ライブ聞きに行きました

2014年05月28日

アケタの店40周年

西荻のアケタの店。40周年記念スペシャルライブが4月から2ヶ月間にわたり行われている中
かつて私のライブでお世話になっていたピアニストの藤澤由二氏が出演するライブを聞きに行きました。
ほかのメンバーは、榎本秀一(ts)、山崎弘一(b)、安藤信二(ds)、[ゲスト]井上淑彦(ts)、望月英明(b)
といった皆さん。

このお店、はじめて足を運んだのですが、古くて小さい芝居小屋のような雰囲気。
入りずらいと思う方もいるかもしれませんが、そこを乗り越えれば、
おでこにがつんとつき刺さってくるような硬派なジャズに身を委ねることができるパラダイスが待っています。
根強いジャズファンに支えられて40年も続いているなんてステキ。

私の中での藤澤氏のイメージはエバンスですが、どんなスタイルでもがっつりこなせる方。
レコーディングは昨年終えているとのことでしたが、この秋にこの店のレーベルアケタズ・ディスクから
リーダーアルバムを出すそうです。
この日のライブでも、アルバムに収録予定の曲をいくつか聴かせていただきました。
私のライブでもまた御一緒できる機会があるといいなぁと思います。

posted by ありあ at 02:40| Comment(0) | ライブ聞きに行きました

2014年05月25日

大森明氏のライブ

行ってきたのは、吉祥寺駅から歩いて5分ほどの「バランサ」
大森明氏(アルトサックス)、横山裕氏(ベース)、佐藤康郎氏(ドラム)のコードレストリオでした。

セットリストは次のとおり(抜けている曲があるかも・・)
1st
Bloom Dido(頭っからパーカー)、Soon、Goodlife、Confusion(大森氏オリジナル)
2nd
Groovin' high、Good Bait、What's new、To be young and foolish(大森氏オリジナル)
最後にチュニジアの夜

2ndは全曲リクエストに応えて演奏してくださいました。感激。
どの演奏もものすごい迫力で心臓が震えました。
次回は8月だそうで、リクエスト曲を考えて行きたいと思います。

ここはドラマーの佐藤康郎氏がオーナーのこだわりのお店。
息をのむような職人技が炸裂した、歌心満載の私好みのドラミング。
なのに、お店で出しているお食事もカクテルもご自身で作っていて、その味が半端じゃない!
(お一人でお店をやりながらドラムもたたいているので、演奏している間はオーダーがとれない)
何故こんなに色々な才能に溢れているのか不思議です。。


posted by ありあ at 01:58| Comment(0) | ライブ聞きに行きました

2014年04月05日

金子健さん;ブラシス;シャンソン

#4月4日(金)は池袋のモンゴメリーランド、
金子健さん(b)と鈴木大輔さん(gt)のDuoを聞かせていただきました。

このお店はその名のとおり、マスターがウェス・モンゴメリーに深く傾倒しておられ、
ライブには毎回ギターの方が入っています。
オーディオシステムが素晴らしいのですが、ライブの音響もとてもよく
お二人の繊細な演奏にお店のサイズやつくりがよくあっているようでした。
(というより、お二人が演奏をお店に合わせているのだと思うのですが・・)

印象に残っているのは、私の好きな歌モノでBe my Love、
この曲なのに息切れしてしまいましたよ・・と健さんが演奏後MCしていらしたスリリングなBody and Soul
10年以上前に書いたけどどうでしょうか?と謙遜しながら演奏していらした健さんオリジナルのブルース
Duoでの演奏は珍しい?Nica's Dream
ウェス・モンゴメリーでお馴染みのFull HouseやRoad Song などなど
音の一つ一つを聞き逃さないぞ〜というくらい真剣に、どのお客様も聞き入っていて
私もこういった演奏を聞くためにもっと足を運んで、刺激を受けないといけないな・・・と思いました。

金子健氏は、早稲田大学の公開講座で昨年ジャズ入門の講座を担当しておられたのですが
とても勉強になる講義だったので、今年も受講する予定にしています。
国立音大ジャズコースでの講義をベースにしているようで、
音源も聴かせていただきながら、昨年は年代を追って解説をしておられましたが
今年はミュージシャンに焦点をあてるそうで、5月からの講義が今から楽しみです。

#3月31日(月)は関内のBARBARBAR
小川幸子さんと中野渡章子さんのコーラスデュオ BrotherSistersのライブを聞きに行きました。
ミュージシャンは小林創(P)、加藤人(B)、日高弘(Ds)といった皆さん。

昨年12月に渋谷で開催されたイベントSing for Youで御一緒だった歌姫7人で、
この度コーラスグループを結成し、幸子さんがアレンジなどを担当してくださっているので
先輩のコーラスのライブを拝見して、お勉強したいな〜と思ったわけです。

マンハッタントランスファーでお馴染みのTrickle Trickleのようなご機嫌なナンバーだけでなく
ザ・ピーナッツや坂本九さんのスキヤキ(英語バージョン)、スタイリスティックスなど
ジャズにこだわらないバラエティに富んだ選曲で、とても楽しめるライブでした。
幸子さんは発声も力が抜けていたし、ステージングも美しくて、どこか形式美のようなものを感じてしまいました。

#3月27日(木)は池袋のホットペッパー
サテンドールのボーカルナイトでご一緒してから仲良しになった野口桂子さんのシャンソンのライブです。
ご自分でストーリーを考えたお芝居仕立て。桂子ちゃんは80過ぎのかわいいおばあちゃんになって
昔話をしながら歌う役を演じてくれました。

このところシャンソンを聞く機会が多く、シャンソンって何?日本語の歌謡曲とどこが違うの? なんて
ささやかな疑問を持っていたのですが、今回のように語りながら歌う桂子ちゃんの歌い方は
私の持っていたシャンソンのイメージに最も近いモノでした。
声もストレートに澄んでいて、素敵でしたよ。


posted by ありあ at 13:59| Comment(0) | ライブ聞きに行きました

2014年01月09日

佐藤ミドリ(p)トリオのライブ

1月8日(水)の赤坂G's Barは、
佐藤ミドリ(p)、ヤマトヤスオ(b)、畠山尚久(ds)、岩楯麻里(vin)といった方々でした。

バイオリンはビートが出しにくい楽器だと思うのですが、岩楯さんの演奏はパワフルで、
リーダーのミドリさんのピアノとも相性がぴったり。バンドの皆さんも楽しそうでした。

クラシック出身の方だけあって、ダイナミズムが効いた演奏で、バラードもすばらしく
おなじみのジャズの曲もバイオリンで聴くと新鮮で、新たな発見がありました。

1曲1曲に深い愛着を持って演奏しておられることが、MCをうかがっていても伝わってきて
いい勉強になりました。

posted by ありあ at 02:24| Comment(0) | ライブ聞きに行きました

2013年11月24日

みずきさわさんのライブ

亡くなられた山川浩一先生門下の大先輩、みずきさわさんの東京倶楽部目黒店のライブに行ってきました。
ミュージシャンは小池純子さん(p)、佐々木悌二さん(b)、しんいちさん(ds)。
私もお声をかけていただき、Guestで何曲か歌わせていただきました。

さわさんの歌で素敵だったのは、トニーベネットも歌っているYesterday I heard the rain.
日本語の歌詞の部分がまるでシャンソンのようで、毎日ジャズを聞いている私にはとても新鮮でした。

「芸風はみんな違うんだから」と言って、山川先生は一人一人の歌を
いつもやさしく受け止めてくださっていました。

いろいろなシンガーの方の歌を聴かせていただいて、
それぞれに素晴らしいところを発見し、心が揺り動かされる毎日ですが
でも所詮人のマネはできないし、結局は自分なりに歌うしかない。
それでは私は、どのような芸風を、どのように磨いていけばいいのか
課せられている課題がますます重〜くのしかかってくるような気がします。







posted by ありあ at 00:07| Comment(0) | ライブ聞きに行きました

2013年11月23日

三槻直子さんのコンサート

直子先生4作目にあたるCD『Sweet Standards』の発売記念コンサートが
中野坂上のハーモニーホールで行われました。
ピアニスト野本秀一さんとの共演で、ギターの岡安芳明さんも加わっておられる
スタンダードオンパレードのCDです。

前作『ポートレーツ』の時には、私もスタジオにお邪魔して録音の現場に立ち会わせていただいたのですが
今回は日程が合わず、うかがえなかったので、この日をとても楽しみにしていました。

1stステージ
I get a kick out of you
エスターテ
In a mellow tone〜Satin Doll
The very thought of you
Love for sale
Come rain or come shine
Old devil moon

2ndステージ
Morning
Love you madly
Prelude to a kiss〜In a sentimental mood
I'll remember April
Give me the simple life
いそしぎ
This could be the start of something big

アンコール曲:Smile

誰もが歌うスタンダードナンバーも、軽やかなフェイクでSwingしまくり
バラードではコントロールされた声量で、時に大胆に時に限りなく繊細に歌い上げる・・
シンガーになって30周年とのことですが、
私も12年後にはあのような歌い手になれれば、と心の底から思います。
posted by ありあ at 00:56| Comment(0) | ライブ聞きに行きました

2013年11月20日

田山ひろみさんのライブ

昨晩曙橋のフィルインのライブに行ってきました。
田山さんは、私がライブを始めた頃にお目にかかり、13年ほど御無沙汰していました。

当時swingしまくっていて印象に残っていたUndecidedをリクエストして、歌っていただきました。
店主のヤスさんとは、昔よく一緒に演奏しておられたようで、どの歌も息がぴったり。

潔いスタイルが心地いい。
これがジャズボーカルでしょ、というライブを堪能させていただきました。

posted by ありあ at 16:18| Comment(0) | ライブ聞きに行きました